畝傍が郡山との熱戦を制して夏のシード権を獲得



11回表に勝ち越しの2ラン本塁打を放ち、仲間と抱き合う畝傍の永船義知(右)

 <春季近畿地区高校野球大会奈良県予選:畝傍3-1郡山>◇5日◇準々決勝◇佐藤薬品スタジアム

 畝傍郡山との熱戦を制した。

 先制したのは郡山。1回裏に2死三塁のチャンスを作ると、4番・今井 紀志外野手(3年)の右前適時打で1点を先制する。郡山は2回、3回にも得点圏に走者を進めたが、畝傍の先発・永船 義知投手(3年)が粘り強い投球を見せ、追加点は与えない。

 郡山の先発はエースナンバーの矢奥 晴久投手(3年)。緩急を上手く使った投球で畝傍打線を6回まで2安打に抑え込んだ。

 反撃の糸口をつかみたい畝傍は7回表、この回先頭の3番・永船が甘く入った直球を捉え、左翼席に公式戦初本塁打となるソロ本塁打を放ち、一振りで同点とする。その後は拮抗した展開となり、試合は延長戦に突入。郡山は8回表から矢追 優作投手(3年)、畝傍は9回裏途中から木村 圭輔投手(3年)がそれぞれリリーフで登板し、ともに好投を見せる。

 この試合、2度目となるグラウンド整備を終えた直後の11回表、畝傍先頭の1番・村井 洋介外野手(3年)が四球で出塁すると、2番・山田 健太外野手(2年)が犠打を決めて、1死二塁とする。ここで打席に立つのは7回表に本塁打を放っている永船。牽制悪送球で二塁走者が三塁に進むと、1ストライクから高めのスライダーを打ち上げ、打球はレフトへの大きなフライとなる。「タッチアップできるな」と喜びながら走っていた永船だが、打球は自身の予想を超える伸びを見せ、打球は再び左翼席へ。試合前まで高校通算1本塁打だった男のこの日2本目となる本塁打が飛び出し、畝傍が2点のリードを奪った。

 郡山も諦めない。その裏、2死から連打で2死二、三塁と一打同点のチャンスを作り、打席には途中出場の川畑 亮太内野手(3年)が立つ。川畑は初球に手を出して、打球は勢いのない一塁へのゴロ。一塁手の西林 大成内野手(2年)が落ち着いて処理して、一塁ベースを踏み、最後のアウトを取った。

 延長11回の大熱戦を制した畝傍が準決勝進出。2年連続で夏のシード権を獲得した。昨夏は3回戦で郡山に0-10の6回コールド負けを喫していた畝傍。昨夏のリベンジを果たし、「粘り強くて本当にビックリしています。神がかった試合でした」と駒井彰監督は男泣きしていた。

 県内有数の進学校であり、1日2時間程度と限られた練習時間で結果を残している畝傍。今後の戦いぶりにも要注目だ。

(記事=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。