今年度末で閉校の平城がラストゲームを戦い抜く



7回表に2ラン本塁打を放った山中歩寿(法隆寺国際)

 今年度限りで閉校が決まっている平城が敗退。選手10人、マネージャー2人の3年生だけで戦った最後の夏が幕を閉じた。

 初戦で奈良相手にサヨナラ勝ちをした勢いを持ち込みたかったが、エースの寺山 継介(3年)が初回からつかまり4失点。2回と5回にも追加点を許し、7点差を追う苦しい展開となる。

 それでも見せ場は作った。5回裏に無死一、三塁のチャンスを作ると、1番・碇谷 優季(3年)が左中間への2点適時二塁打を放つ。その後、二死三塁から4番で主将の福角 健太(3年)の右前適時打で1点を加え、4点差に詰め寄った。

 しかし、猛暑の中で球数が増えた寺山のボールは法隆寺国際打線を止めることはできない。6回に5点、7回に4点を奪われて苦しいマウンドとなったが、「体がボロボロになっても最後は気持ちで投げ抜くという気持ちで投げました」と最後まで集中力を切らすことなく、7回151球を一人で投げ切った。

 13点差をつけられ、コールド負けが濃厚となった7回裏の攻撃。スタンドからは保護者、在校生、卒業生による懸命な手拍子の応援が鳴り響いた。一死から3連続四死球で満塁のチャンスを作ると、寺山が四球を選んで1点を返す。しかし、後続が連続三振に倒れてゲームセット。平城最後の夏が終わりを告げた。

「この12人で最後まで元気を出して、諦めずにやってくれて嬉しいです」と声を詰まらせながら選手たちを労った岡健蔵監督。入学前には後輩が入ってこないことがわかっていながら入学を決めた3年生たちは様々な困難に負けることなく、最後まで戦い抜くことができた。

「しんどいことは確かにいっぱいありましたが、最後まで誰一人欠けることなく、ここまでできたので、誇りに思います。後輩がいない中で3年間、自分たちが色んな仕事をしてきましたが、その経験は後に社会に出た時に活かせるところがあると思うので、人間的にも成長できた学年だったと思います」と胸を張った福角。彼らの雄姿は多くの人々の心を打ったはずだ。

(記事=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。