達を温存した天理がベスト4進出



公式戦初完投の森田雄斗(天理)

 天理がエースの達 孝太(3年)を温存しながらも郡山に勝利した。

 天理の先発は3回戦と同じ森田 雄斗(3年)。初回の二死一、二塁のピンチを三振で凌ぐと、直後の2回表に二死一、三塁から「バッティングは好きです」と話す8番の森田が右中間を破る適時二塁打を放ち、先制点を挙げる。

 さらに天理は4回表、一死一、二塁から9番・山村 侑大(2年)がライト線への適時二塁打を放つと、一死二、三塁から1番・内山 陽斗(3年)の中前2点適時打でリードを4点に広げる。

 反撃したい郡山は5点を追う7回裏、一死一、三塁のチャンスを作ると、7番・植家颯(3年)の三塁線を破る適時二塁打で1点を返すと、なおも二、三塁から8番・植田夏希(3年)が中前2点適時打を放ち、2点差に迫った。

 天理にとっては嫌な流れとなったが、「8、9回は点をやれない状態だったので、もう一段階ギアを上げるつもりで投げました」と森田が8回、9回を三者凡退に抑え、公式戦初となる完投勝利を飾った。

 「収穫は森田に完投能力があったこと」と中村良二監督も認める好投を見せた森田。以前は達に続く投手が課題だったが、センバツの準決勝で好投した仲川 一平(3年)、森田と投手陣の層が確実に厚くなっている。「森田に投げさせたら大丈夫とみんなから信頼されるようなピッチャーになりたいです」と森田は達との二本柱の確立に意欲を見せている。センバツ4強の名門に楽しみな投手がまた一人現れた。

 この日は登板がなかった達だが、試合中にブルペンで投げる姿も見られ、体調には問題ない様子。準決勝以降では登板の機会があるかもしれない。

(記事=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。