智辯学園が苦戦しながらも4強進出



3回裏に2ラン本塁打を放った山下陽輔(智辯学園)

 智辯学園が苦しみながらも準決勝に駒を進めた。

 智辯学園はプロ注目の強打者である前川 右京(3年)を「気分転換で」(小坂将商監督)と2番で起用。

 「繋ぐ意識が強くなった。『監督さんに自分の結果を追い求めている感じがする』と言われたので、どういう形でも繋ぐという気持ちを出していきました」と話す前川は3回裏、無死二塁で迎えた第2打席で中前安打を放つ。さらに打球を相手中堅手が後逸する間に前川も生還。智辯学園が2点を先制した。

 3回裏の智辯学園山下 陽輔(3年)の2ラン本塁打で追加点を挙げ、リードを4点に広げるが、5回表に関西中央が反撃を始める。二死一、二塁から4番・山口楓馬(3年)が2点適時二塁打を放つと、二死一、三塁から6番・日浦諒大(3年)の中前適時打で1点差に迫った。ここで智辯学園は先発の藤本 竣介(2年)を諦め、大坪 廉(2年)を投入。続くピンチは凌ぎ、何とか同点は免れた。

 関西中央は6回裏に2点を失うが、8回表に無死一塁から「凄く練習する子」と岸江秀樹監督が話す代打の梶田理輝(2年)が2ラン本塁打を放ち、再び1点差に迫る。8回裏は二死走者なしまでこぎつけるが、四球をきっかけに智辯学園に捕まり、5番・垪和 拓海(3年)に満塁弾を浴びるなど5失点。この時点で大勢が決した。

 11点を奪って勝利した智辯学園だが、「打線が機能しないですね。あまりにも工夫が足らない。(準決勝の)奈良大附の時までにはちょっとでもマシになるように練習したい」と小坂監督の評価は厳しい。

 4打数2安打の前川も「残りの打席も打てた球なので、内容が悪すぎる」と満足はしていなかった。次戦での爆発に期待したい。

 最後に力尽きた関西中央だが、昨秋の近畿王者をあと一歩まで追いつめた。「自主自立の精神が浸透してきて、今日の試合では凄く成長していた。ベンチにいても凄く楽しかったです」と岸江監督も手応えを感じていた。勝利には繋がらなかったが、夏に向けていい経験になったはず。これを次に繋げてほしい。

(記事=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。