2020年09月21日 橿原市総合運動公園硬式野球場

智辯学園vs平城

2020年秋の大会 令和元年秋季近畿地区高等学校野球大会奈良予選 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

前川、小畠らの活躍で智辯学園が5回コールド勝ち



1回裏に同点の適時三塁打を放った前川右京(智辯学園)

 智辯学園平城を5回コールドで下して、8強入りを決めた。

 智辯学園の先発は背番号10の小畠 一心(2年)。公式戦登板は昨年11月2日の近畿大会準決勝・大阪桐蔭戦以来ということもあり、「構えてしまった部分があった」と初回に1番・碇谷優季(2年)に二塁打を浴びると、一死三塁から3番・福永晃志(2年)の三塁ゴロの間に先制点を許してしまう。

 その中で悪い流れを断ち切ったのは4番の前川 右京(2年)だった。二死一塁から中堅手の頭上を越える適時三塁打を放ち、すぐさま同点に追いついた。

 小畠も2回以降は立ち直り、「思っていたようにボールを動かせたと思っています」と安定した投球を見せ、4回までの3イニングをパーフェクトピッチング。1年生から公式戦を経験している二人がチームに流れを呼び込んだ。

 打線は2回まで平城の先発・寺山継介(2年)の緩急を使った投球に苦戦していたが、3回裏に無死から7連打の猛攻を見せ、6点を勝ち越す。4回裏にも5安打で4点を加え、リードを10点に広げた。

 5回表でキッチリと締めたいところではあったが、この回からマウンドに上がった藤本 竣介(1年)が二死一、二塁から9番・中谷亮博(2年)に二塁手の頭上をわずかに越える適時打を浴び、この回でゲームを終えることはできなかった。

 それでもその裏、制球に苦しむ2番手の福永から一死満塁のチャンスを作ると、3番・植垣 洸(2年)が押し出しの四球を選んで、コールドゲームが成立。序盤こそ苦戦したが、終わってみれば名門が力の差を見せつける格好となった。

 「力はあると思いますけど、チームとしてはまだまだだと思います」と現在のチーム状態を語る小坂将商監督。夏の独自大会を3年生だけで戦ったこともあり、一部選手以外の経験不足が否めないのが現状だ。そんな中でも昨年から公式戦を経験している前川、小畠にエースの西村 王雅(2年)、主将の山下 陽輔(2年)と核になる選手の存在は心強い。

 3打数3安打2打点の活躍を見せた前川は新チームから副主将を務めている。「自分が積極的に声をかけて、プレーでも引っ張るように心がけています」と主力としての自覚は十分だ。ここからチームの成熟度を上げて、2年連続の近畿大会出場を目指す。

(記事=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
岡本、廣岡、太田など智辯学園のプロ、高校、大学野球界で躍動する7人のスラッガーたち 【ニュース - コラム】
第170回 岡本、廣岡、太田など智辯学園のプロ、高校、大学野球界で躍動する7人のスラッガーたち【高校野球コラム】
下林源太(天理)、白石陸(智辯学園)ら11人受賞!優秀選手及び部員が表彰を受ける 【ニュース - 高校野球関連】
第1030回 センバツ選考も難航か 2020年もハイレベルだった近畿地区の2021を占う【大会展望・総括コラム】
第1023回 甲子園がなくてもハイレベルで激戦だった2020年の近畿地区【近畿・総括】【大会展望・総括コラム】
第157回 2018年U-15代表の現在地。野手陣もそれぞれ強豪チームの中心選手に成長【高校野球コラム】
第1272回 目指すは甲子園で勝つこと。智辯学園エース左腕・西村王雅の武器は巧みな駆け引き 【2020年インタビュー】
第1272回 高校1年で味わった洗礼を糧に。U-15代表を経験した144キロ右腕・小畠一心(智弁学園)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
第1050回 9年ぶりの近畿大会優勝を果たした智辯学園の猛打を支える実戦的打撃練習【野球部訪問】
智辯学園vs大阪桐蔭【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs市立和歌山【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs龍谷大平安【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs滋賀学園【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1246回 「プロになりたくて智辯学園を選んだ」 2021年世代屈指のスラッガー・前川右京(智辯学園)が行った高校2年間の意識改革 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
智辯学園 【高校別データ】
平城 【高校別データ】
令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会 奈良県予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

奈良県地域応援スポンサー

奈良県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る