天理が貫禄の7回コールド勝ち



4回裏に2ランを放った河西陽路(天理)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 8月に甲子園での交流試合に出場する天理奈良朱雀に7回コールド勝ち。秋の近畿王者の力を見せつけた。

天理は1回裏に二死満塁のチャンスを作ると、6番・田中 勝大(3年)の右前2点適時打で先制。秋は後輩の瀬 千皓(2年)に左翼手のレギュラーを奪われていたが、3年生だけで臨んでいるこの試合で見事に結果を残した。

さらに2回裏には一死二塁から1番・下林 源太(3年)の適時二塁打、3回裏には一死一、三塁から7番・江口 巨樹(3年)の適時打でそれぞれ1点ずつを加える。

そして4回裏、昨年の明治神宮大会で大会新の1試合3本塁打を記録した3番・河西 陽路(3年)が「リラックスして打席に入れて、力加減も良い感じで振れました」と一死二塁からライトポール際に2ラン本塁打を放つ。52歳の中村良二監督が「僕の時代だったらプロ注ですよ」と実力を認める強打者の一発でリードを6点に広げた。

5回裏にも相手の失策で1点を追加して、コールド圏内に持ち込む。守りでは先発の吉岡大誓(3年)が制球に苦しみながらも変化球を効果的に使って、5回を無失点に抑えると、6回からリリーフした嶋田 優心(3年)も相手に得点を許さずに7回で試合を終わらせた。

天理は31日まで期末試験があり、難しい調整を強いられる中でいつもと変わらない強さを発揮した。試合中には塁上から主将の下林がベンチに檄を飛ばす場面が見られ、快勝ムードにも気の緩みは一切見られない。「奈良県で優勝するのがチームの目標です」と言い切った下林。甲子園での交流試合に勢いを持ち込むためにもまずは奈良の頂点を目指す。

(記事=馬場 遼)