初回のリードを守った橿原学院が8強進出



1回裏に先制3ランを放った大橋誠斗(智辯学園)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 橿原学院大和広陵を破って、準々決勝進出を決めた。

 橿原学院は1回裏、無死満塁のチャンスを作ると、主将で4番の白矢草太(3年)が「高めに浮いてきた甘いボールを上手く運べたと思います」と右越え2点適時二塁打を放ち、先制点を挙げる。さらに一死二、三塁から6番・大石陽介(3年)の左犠飛で1点を追加。橿原学院が鮮やかな先制攻撃で初回に3点を奪った。

 大和広陵は3回まで橿原学院の先発・嶋田晴希(3年)から1安打に抑えられていたが、2安打で二死一、三塁のチャンスを作ると、7番・上園寿英(3年)の三塁ゴロが相手の失策を誘い、三塁走者が生還。2点差に詰め寄った。

 それでも橿原学院はその裏、二死二塁から谷車竜矢監督が「信頼を置いているバッター」と話す1番・乾斗空(3年)の右越え適時三塁打で再び3点差とする。5回からは2回戦でも登板している背番号10の戸田響(3年)がマウンドに上がり、走者を出しながらも粘りの投球を披露。8回表に6番・岡田慎平(3年)に一発を浴びたが、それ以外の得点は許さなかった。

 最終回は一塁手で出場していた白矢がマウンドに上がる。白矢は先頭打者に安打を許すも、次の打者を併殺に打ち取り、最後は三振でゲームを締めた。

「粘れるチームなので、想定内です。3年生中心によく粘ってくれたので、頼もしいなと思いながら見ていました」と試合を振り返った谷車監督。大和広陵打線に8安打を許したが、2併殺に8残塁と要所での粘り強い守りが勝利に繋がった。

 準々決勝では昨夏に敗れた高田商と対戦する。「高田商はいつも苦しめられている相手。失うものは何もないので、正面からぶつかっていきたいと思います」と谷車監督は次戦に向けて意気込んでいた。

(記事=馬場 遼)