高田商が秋のリベンジを果たす



高田商が秋のリベンジを果たす

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 昨夏準優勝の高田商が秋4位の奈良を破って、ベスト8進出を決めた。

 高田商は1回裏、一死満塁から5番・森田楓大(3年)が押し出しの四球を選んで先制点を奪うと、続く6番・藤本成翔(3年)がレフトに犠飛を放ち、追加点を挙げる。

 立ち上がりを攻められた奈良のエース・松並秀弥(3年)だが、2回以降は粘りの投球を見せ、5回まで追加点を与えない。すると6回表、一死二、三塁のチャンスを作り、5番・荒木恵大(3年)の犠飛で1点を返す。

 これで流れが奈良に傾いたように思われたが、その裏に二死三塁から2番・森田俊介(3年)の中前適時打で1点を返すと、4番・三浦凌太(3年)と森田楓にも適時打が飛び出し、この回に3点を追加。これで勝利に大きく近づいた。

 高田商先発の岩井将吾(3年)は「制球が少し悪いところがあった」と本人にとっては不本意な投球内容だったが、要所を締める投球で1失点完投。「ゲームを安定して作ってくれる。ピンチになっても冷静に投げられるマウンドさばきは信頼が置ける」と赤坂誠治監督と評価するエースが指揮官の期待にキッチリ応えて見せた。

 高田商は秋に同じ3回戦で奈良に2対7で敗れており、「秋に負けているので、やり返そうと思っていました。ベスト8よりも目の前の試合を勝てたことが良かったと思います」と赤坂監督はリベンジ達成を喜んだ。

 準々決勝では秋季シード大会で敗れている橿原学院との対戦が決まっている。またしてもリベンジを果たすことができるだろうか。

(記事=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。