天理がサヨナラ勝ちで近畿大会を決める!



天理先発の吉岡大誓

 2年連続の近畿大会を目指す天理がサヨナラ勝ちで3位に滑り込んだ。

 天理は1回裏、2本の安打と相手の失策で二死満塁のチャンスを作る。ここで6番・瀬 千皓(1年)が押し出しの四球を選び、1点を先制した。このまま引き離したい天理は2回裏にも先頭の8番・杉下 海生(1年)の右前安打と盗塁で無死二塁とする。しかし、ここで杉下が牽制死となり、チャンスを潰してしまった。

 これで流れは奈良に傾く。3回表、二死から1番・中琉馬(2年)、2番・石間俊介(2年)の連打で一、三塁と同点のチャンスを掴む。続く3番・荒木恵大(2年)の放った打球は平凡な遊撃ゴロとなったが、相手の送球ミスを誘い、奈良が同点に追いついた。

 その後は一進一退の攻防が続く。奈良はエースの松並秀弥(2年)が走者を出しながらもコースを丁寧に突く投球で、踏ん張りを見せる。幾度もピンチを凌いで勢いを感じさせたが、中、石間以外の選手に安打が出ず、勝ち越し点を奪うことができない。

 一方の天理は背番号11の左腕・吉岡大誓(2年)が変化球を巧みに使って、相手打者を翻弄。打線は足を絡めて何度もチャンスを作るが、良い当たりが野手の正面を突くなど、ツキがなく、苦しい戦いを強いられた。



サヨナラのホームに滑り込む堀内太陽(天理)

 試合は1対1の同点のまま9回に突入。9回表の奈良は先頭の7番・松並が相手の失策で出塁する。続く8番・谷口は犠打を試みるが、天理・三塁手の下林 源太(2年)が好フィールディングを見せて、併殺。主将の好守備で勝ち越しのピンチを防いだ。

 これで流れを引き寄せた天理はその裏、先頭の代打・田中 輝希(2年)が失策で出塁すると、続く1番・下林が左前安打を放ち、無死一、三塁と一打サヨナラの好機を作る。ここで2番・山元 太陽(2年)がセンターに犠飛を放ち、代走の堀内 太陽(1年)が生還。天理が苦しみながらもサヨナラ勝ちで近畿大会出場を決めた。

 昨年は奈良大会を1位で通過するも、近畿大会1回戦で京都3位の龍谷大平安に敗れて、センバツを逃した天理。その龍谷大平安が昨秋の近畿大会を制したこともあり、「昨年に平安さんがやってきたことを目標にしたいです」と中村良二監督は3位通過からの巻き返しに意気込んでいた。

 惜しくも近畿大会を逃した奈良だが、大健闘と言っていいだろう。公立の進学校で、平日は内野しか使えない環境だが、粘り強い守りを見せて4強まで勝ち上がった。力投を見せた松並は「ランナーを出しても抑えられるようになりたい」と更なる成長を誓っていた。

(文=馬場 遼)