2011年05月25日 長崎県営野球場(ビッグNスタジアム)

長崎南山vs五島

2011年第59回NHK杯 長崎県高等学校野球大会 長崎地区予選 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

佐々野(五島)

海を渡って

今大会の予選は、長崎地区、中地区、佐世保地区という3地区に分かれて開催されている。
とはいえ、全国で島の数が一番多い長崎県では、各離島のチームが海を渡って予選にやってくることになる。

五島のある福江島は、長崎港から約90キロ離れた東シナ海に浮かぶ五島列島最大の島である。
長崎地区の予選へはフェリーに揺られること3~4時間。地区予選とはいえ長旅だ。
同じ五島列島に位置する上五島との初戦を制した五島は、一度、フェリーで福江島に戻り、今日の準々決勝が第一試合ということで、泊まりがけでやってきた。

試合は、長崎南山が初回に3番・大野の中前適時打などで一挙4点、終始リードを奪い、投げては、内田、江口の継投で、五島打線を1失点に抑え、7回コールドで準決勝にコマを進めた。

試合後、敗れた五島の山口一守監督は「『接戦に持ち込んで終盤で勝負』と思っていましたが、序盤にやられましたね」と話した。

ただ、今大会を経験することは離島にある五島にとって貴重なものとなった。
「(同じ五島列島の)上五島さんや五島海陽さんとは練習試合をしますが、他のチームとはなかなか試合することがないので、経験ということ意味では大きいですね」(山口監督)

さらに強打のクリーンアップトリオの一人、高校通算11本塁打を記録する3番・中里洋亮はこう話す。
「相手のピッチャーは、速かったので見慣れないと簡単には打てない。離島では経験できないことなので今日の経験を生かしたいです」

第一打席で痛烈な左前安打を放った中里であったが、チーム全体で7安打、得点は1点のみに終わり、持ち味の攻撃力を十分に発揮したとは言い難い内容だった。それでも最後まであきらめず、必死に食い下がる五島ナインの姿が印象的だった。

試合には敗れたが、一戦一戦を噛みしめて戦う五島
今日の負けを無駄にしないためにも夏までの残り少ない時間、島でしっかりと鍛え上げ、再び海を渡って長崎港に上陸する。
そう、この夏、離島旋風を巻き起こすために。

(文=アストロ)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
組み合わせが決定!長崎南山や創成館の初戦は?【春季長崎県大会 組み合わせ結果】 【ニュース - 高校野球関連】
27季ぶりに長崎大会制覇!長崎南山の冬の取り組みとは? 【ニュース - コラム】
第47回 長崎南山(長崎)「異例の主将4人制で夏の甲子園を目指す!」【冬が僕らを強くする2019】
第86回 創成館の台頭で新時代到来となり、長崎日大、波佐見、佐世保実が追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第35回 清峰が悲願達成したが、伝統の海星に長崎日大、波佐見、佐世保実が追う(長崎県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第81回 長崎南山学園高等学校(長崎)【僕らの熱い夏2016】
第337回 【長崎 抽選後 展望】長崎日大、長崎海星の私学2強に割り込んだ大村工!今夏注目の逸材たちは?【大会展望・総括コラム】
波佐見vs長崎南山【長崎県 2010年秋の大会 第127回九州地区高校野球長崎大会】
五島 【高校別データ】
長崎南山 【高校別データ】
2011年 第59回NHK杯 長崎県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

長崎県地域応援スポンサー

長崎県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る