追いついた上田西が、10回犠飛でサヨナラ勝ち



上田西の阿部がかえってサヨナラ

 中信第1シードの松商学園、東信第1シードの上田西の実力校同士の対戦は、昨年秋の県チャンピオン上田西が、終盤に粘りを見せ、延長10回、サヨナラ勝ちした。

 松商学園がここまで3戦を一人で投げ抜いた長野健大、上田西阿部 巧雅の両右腕エースが先発。松商学園が、立ち上がりから制球が安定しない阿部を攻め2回、1死から四球、盗塁で二進し、7番保田喜信がコンパクトに中前に運ぶ適時打で先制した。さらに5回には先頭の2番菱田万尋が初球を振り抜き、ライトスタンドに運ぶソロ本塁打で1点を追加した。

 上田西もその裏、1死三塁で2番原瑠星がレフト線を破る二塁打で1点をかえした。

 上田西は、5回までに8四死球の阿部をあきらめ、6回から右の三石健瑛にスイッチ。9回からはやはり右の島田にリレーし、それぞれ松商学園打線に追加点を許さず、1点ビハインドのまま上田西は最終回の攻撃となった。

 上田西は1、2番の連打で無死一、二塁。ここで3番髙寺 望夢は初球をたたくと、鋭い当たりは一塁ライナー。一走が戻れず併殺なり、2死二塁と流れは止まったかに見えた。続く清水怜は2球目をたたくと、ライト線を抜け、二走が生還。ついに2対2に追いつき、延長戦にもつれ込んだ。

 10回表を0に抑えた上田西はその裏、先頭の6番阿部が内野安打で出塁。代打堀内雅翔は犠打失敗後に強行し安打で一、二塁と好機を広げた。さらに暴投で二、三塁となり、途中出場の8番中村奏斗はセンターへ飛球を放つと、これがサヨナラの犠飛となった。

 吉﨑琢朗監督は、流れを変えた6回の継投に「三石はずっと安定していた」と信頼して送り出した。9回、同点適時打を放った清水主将は、前の打席の7回、1死一、二塁で併殺打を打っていた。「もう一度つくってくれたチャンス。絶対に打ちたかった」と殊勲打で借りを返した。

 上田西は15安打、13残塁で3得点。吉﨑監督は次戦に向け、「バントなど修正したい」と攻撃面を再確認する。

 松商学園は、長野が157球の熱投。最終回まで1点リードしていたが、足立修監督は9回2死からの同点打に「あらためて一球の怖さを教えてもらった」と詰めの一球を悔やんだ。長野も「2死になって少し勝ちを意識した部分もあった」と、責任を背負っていた。

(取材:小池 剛)