松商が4点差を逆転し難敵松本国際を退ける



3点適時打の松商・高﨑

 中信地区第1シードの松商学園は、2回戦の松本第一に続いて難敵の松本国際が相手となった。昨秋は地区2回戦で対戦し、松商が8対2で勝っている。

 松商学園先発は、2回戦で7回完投(コールド)しているエース右腕長野健大。立ち上がりから抜け球が多い長野に対して、松本国際は2回、死球と犠打に2死二塁とすると、先発投手の7番永田力也がしぶとく右前に運んで先制した。松本国際は続く3回には四球と安打で2死二、三塁とすると4番土田龍信が高めの変化球を強振。ライトフェンスを越える3点本塁打で、リードを一気に4点に広げた。

 松本国際のエース右腕、永田の力のあるボールに押され気味だった松商学園は5回、永田の突然の乱れに乗じて反撃開始。安打と2つの四球で1死満塁とすると、1番菱田万尋は死球を受け、押し出しの1点。下位から2番に上がった高崎は「後ろにつなぐことだけ考えた」とコンパクトに振り抜いた当たりは右中間を深々と破る、走者一掃の3点適時二塁打となり、4対4と同点とした。続く3番二村兼登もうまく右前に運び、勝ち越しに成功。永田を攻略した。

 松商学園は6回に菱田、8回には夜久舜介にも適時打が生まれ、リードを広げた。長野は中盤から徐々に本来の制球を取り戻し、6回には3者連続三振を奪うなど松本国際打線に反撃を許さず、完投した。

 長野は被安打8で4失点ながら、3四死球、12奪三振で流れを引き戻した。長野は「序盤は上体投げでボールが高めに抜けた。監督から『下を使って投げろ』と言われ、疲れでいい感じに力も抜けて修正できた」と振り返った。

 松商学園は今大会、32人の3年生全員がベンチに入れるよう、試合ごとメンバーを入れ替えている。また、田所徹主将が、前の試合で軽い故障をし、この試合は記録員でベンチ入りした。こうした状況を受け、「前半、選手たちは勝ちたい気持ちが強すぎて硬くなった」と足立修監督。4点差の5回、「1点取ればほっとするだろう」と、指示した犠打をポイントに挙げ、「打順が上がった選手、初スタメンの選手といい働きをしてくれた」と見事な集中打をたたえた。

 5回に突然乱れた松本国際の永田は「4回までできていたことが急にできなくなり、点差があることが考えらず修正できなかった。秋のリベンジができず悔しい」と肩を落とした。

(取材:小池 剛)