松商が投打に松本第一を圧倒し昨秋のリベンジ



3ランの松商・二村

 松商学園松本第一の強豪私立が2回戦で対戦。大会序盤の注目の一戦と見られていたが、松商が投打で松本一を圧倒し、7回コールドで昨秋のリベンジを果たした。

 両校は昨年秋の県大会準々決勝で対戦し、乱打の末、松本第一が12対10で勝っている。今大会は、秋の中信1位・松商が第1シードとなり、ノーシードの松本第一はその下のヤマに入り、前日、1回戦を突破して連戦での顔合わせとなった。

 松本第一は、直前の練習試合で好調だったエース塩原諒弥が先発。松商はその塩原の立ち上がりを攻め、先頭の田所徹が内野安打で出塁。2番菱田万尋は強行し左中間二塁打で無死二、三塁の好機。ここで3番二村兼登は、塩原の高めのカットボールを右中間スタンドに運ぶ3ランを放ち先制した。

 松商は3回には4番辻の適時打二塁打、4回には田所のセーフティーバント(打点)など大技、小技で2回以外、毎回得点した。

 投げては公式戦初先発の長野健大が立ち上がりこそ四球絡みで1点を失ったが、130キロ中盤の真っすぐと変化球を低めに集め、松本第一打線に的を絞らせず、尻上がりに調子を上げていった。

 結局、松商は7回までに9点を奪い、長野はセカンド田所の好捕などバックにも助けられ、7回を被安打2、7奪三振、1失点の好投でコールド快勝した。

 入学以来、故障が多く、公式戦登板は昨秋の1イニングだけだった長野だが、堂々のエースナンバーを背負っての本大会。「緊張で体があまり動かなったが、味方が点を取ってくれて楽に投げられた」とほっとした様子。先発起用した松商・足立修監督は「大役だが初回を乗り切ってくれたら、と思っていた通り、後は持ち味を発揮してペースをつくってくれた」と合格点を与えた。

 打線を引っ張った二村と辻は、1991年に松商がセンバツで準優勝したときの主力メンバーの息子たち。先制3ランの二村は「打った瞬間、行ったと思った。初戦の1回に先制点を取ろうとやってきた通りできた」と会心の当たりを振り返った。

 松本第一の主力の多くは、昨秋の県4強、一昨年秋の北信越初戦突破を経験してきた世代。それだけに打撃を中心に力はあったが、田中健太監督は「ずっと課題だった守備を最後まで克服できなかった」と失点につながったミスを悔やみ、「力負けでした」と思わぬ大差での敗戦を受け入れた。

(取材:小池 剛)