日本ウェルネスが佐久長聖の強打をしのぎ初優勝



初優勝を決めた日本ウェルネスナイン

 ともに北信越大会出場を決めているとはいえ、長野日本ウェルネスにとっては初、佐久長聖は夏準優勝の悔しさを晴らすためにも欲しい優勝。県大会3試合すべて2桁得点の佐久長聖打線を長野日本ウェルネス投手陣がどうしのぐか注目された。

 長野日本ウェルネスは連投のエース高山 蓮佐久長聖は期待の1年生右腕・北畑 玲央が先発した。長野日本ウェルネスは1回、北畑の立ち上がりを攻め、先頭の五味淳也が死球で出塁すると二死二塁から4番赤羽 由紘が詰まりながらも中前に落とし、1点を先制。佐久長聖は2回、一死から6番堀北 健人が三塁打で出塁したが、7番北畑の遊ゴロで本塁を突くも封殺され同点機を逃した。

 すると長野日本ウェルネスは3回、一死から2番山田大生、3番河野健太郎の連打に犠打で一死二、三塁。ここで4番赤羽はスクイズを決め、5番内藤友哉にも左前適時打が生まれリードを3点に広げた。

 毎回走者を出しながら高山を攻めあぐんでいた佐久長聖は6回、先頭の4番西藤 慶人が二塁打で出塁。二死となり代打・飯塚彬智がしぶとくライト前に運び、1点をかえした。佐久長聖は必死の継投で長野日本ウェルネスの追加点を阻むが、長野日本ウェルネス高山も佐久長聖からフライの山を築き、反撃を許さないまま9回裏に。

 佐久長聖は先頭の8番小山 忍が右前打で出塁し犠打で一死二塁。1番上原 怜央はレフト前でつなぎ一、三塁と長打で同点の場面。ここで2番真銅 龍平の痛烈な当たりが、高山の右腕に直撃。内野安打で満塁となり、高山はここで降板。

 長打でサヨナラの場面で代わった右の市川竜巳は3番上神 雄三をショートライナー、続く4番西藤もショートライナーに打ち取り、ゲームセット。長野日本ウェルネスが佐久長聖打線の強烈な重圧をしのぎ、3対1で逃げ切り、初優勝を飾った。

(文・写真=小池 剛)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ