松商学園が長野日大を振り切り、第3代表で北信越へ



直江 大輔(松商学園)

 北信越大会進出への最終切符を懸けた3位決定戦。長野日大が背番号5の大島瑠綺、松商学園は背番号13の保科武範の両右腕が先発のマウンドに上がった。

 松商学園は1回裏、先頭の北原 拓未が中前打で出塁すると二死二塁で4番山本健斗が左越えの適時二塁打を放ち、幸先よく1点を先制。3回には二死から3番吉田忠真、4番山本の連打で二、三塁にすると5番熊谷駿が中前に運び2者をかえし、リードを3点に広げた。

 保科の前に無安打の長野日大は4回、二死から6番春原来綺が二塁打で出塁。続く佐藤大豊が中前にしぶとく運び、1点をかえした。さらに長野日大は5回、二死から2番坪井丈晃が右前打で出塁しけん制悪送球で二塁に進塁。ここで3番宮本靖宝はライト線に軽く合わせる適時二塁打で1点をかえし、1点差に迫った。

 しかし松商学園は二死二塁から再び4番山本がライト線に運ぶ適時三塁打でリードを広げると、6回からは保科に代わって連投となるエース直江 大輔を投入。すると松商学園は7回、3番吉田、5番熊谷の適時打などで3点を加え、突き放した。

 直江は毎回四死球を出しながらも長野日大に反撃を許さず、松商学園が7対3で長野日大を退け、3位を決めた。

(文・写真=小池 剛)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ