佐久長聖は強打で長野日大を圧倒



先制3ランの長聖西藤

 強力打線の佐久長聖が、長野日大との準決勝でも圧倒的な力を見せつけ、決勝に進出。北信越大会切符もつかんだ。

 佐久長聖はエース右腕林 虹太長野日大は背番号9の左腕三石 晃久を先発に立てた。その三石は3回まで長聖打線をヒット1本、無失点で序盤を切り抜けた。すると長野日大は3回裏、先頭の8番佐藤大豊のチーム初安打と2つの四球で二死満塁と攻め4番大島 瑠綺を迎えたが、ここは林のスライダーで三振、先制機を逃した。

 すると佐久長聖は4回、先頭2番川崎 真、3番上神 雄三の鈍い当たりがいずれも外野手の前に落ちる連打で一、二塁。ここで迎えた4番西藤 慶人は三石の初球を完璧にとらえライトスタンドに先制の3ランを放り込んだ。さらに5番眞銅か龍平らの3連打などで3点を加え、この回一挙6点のビッグイニングをつくった。

 6回には1番斎藤 真乃輔の適時打、2番川崎のプッシュ系のスクイズで2点を追加。さらに7回には無死二、三塁から代打金 尚謙が中前に2点適時打を放ち、10点目。その裏を林から代わった長身右腕和田 拓巳が0に抑え、10対0の7回コールドで準決勝を制した。

 佐久長聖は4長打を含むヒット12本を効果的に得点に絡めたが、長野日大は4安打、4四球の走者を得点につなげられなかった。

(文・写真=小池 剛)
(写真=img011...佐藤 純一

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ