日本ウェルネスが松商学園を逆転で返り討ち。初の北信越大会へ



同点打のウェルネス赤羽

 中信地区予選の準々決勝では、甲子園帰りで始動が遅れた松商学園を長野日本ウェルネス筑北が7対0の7回コールドで完勝。予選時に比べ、松商学園はエース直江 大輔が復調するなどチームの状態が上向き、リベンジを果たすつもりだったが…。

 松商学園は直江、長野日本ウェルネスは高山 蓮の両エースが先発。松商学園は1回表、先頭の北原 拓未が二塁打で出塁すると1死後、3番吉田 忠真の打球は際どくショートの頭を越え、北原が先制のホームイン。さらに二死三塁として6番木内 飛龍の打席で、長野日本ウェルネス高山が暴投。1点を加え、2点のリードを奪った。長野日本ウェルネスはその裏、四球の走者を二塁に置き、3番河野 健太郎がレフト前に落とし1点を返した。

 2回以降、両投手はリズムを取り戻したが、松商学園は5回、二死二塁から3番吉田のライト前適時打で1点を加えた。しかし長野日本ウェルネスもその裏、二死満塁から3番河野が押し出し四球、続く4番赤羽 由紘、5番内藤友哉の連続適時打で3点を奪い、4対3と逆転に成功した。長野日本ウェルネスは制球が定まらない直江をさらに攻めて7回、3番河野のライト越えタイムリー、8番山田将生の2点適時打などで4点を奪い、突き放した。

 長野日本ウェルネス高山は6回以降も毎回走者を出したが、あと1本を許さずに完投。長野日本ウェルネスは8対3で快勝し、松商学園を返り討ちにした。創部2年目の長野日本ウェルネスは初の北信越大会出場を決めた。

 松商学園は12安打したが10残塁と詰めを欠いた。

(文・写真=小池 剛)
(写真=img011...佐藤 純一

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ