長野日大が終盤に岡谷南を突き放し4強



代打の山﨑元がタイムリー(長野日大)

 南信1位の岡谷南北信2位の長野日大と力が拮抗し、似たタイプの両校が対戦。岡谷南は右の山岸 勇摩、長野日大が左の菱田 大雅の両エースが先発した。

 長野日大は2回、先頭の5番春原 来綺が二塁打で出塁すると四死球で無死満塁。一死後9番菱田の先制適時打、1番門脇 亜良汰の犠飛、3番宮本 靖宝の2点適時打で4点を先取した。

 岡谷南は3回、一死から9番山岸が三塁打で出塁。二死となり2番小池 龍がレフト前に運び1点をかえした。3回以降、岡谷南・山岸を攻め切れなかった長野日大は6回、代打山﨑元の適時二塁打で1点を追加。その裏長野日大は、好投の菱田から同じ左腕の三石晃久にスイッチ。すると岡谷南はその代わり端を攻め、5番五味 音央の2点三塁打、6番齊藤 大吾の犠飛で3点をかえし、1点差に迫った。

 すると長野日大は7回に死球の走者を中継ミスの間に無安打でホームにかえすと、8回には2番手飯田 武尊から3四死球の走者を2番鈴木 雄大の適時打で2得点。9回にも途中出場の9番中村 公人の適時打で突き放した。

 長野日大の三石は7回以降、角度のあるボールを有効に使い、岡谷南の反撃を許さなかった。

(文・写真=小池 剛)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ