松商学園が直江大輔の好投でライバル松本深志を圧倒



直江 大輔(松商学園)

 同地区の伝統校同士の対戦。最近の直接対決では松本深志に分があり、今大会も地区通過が松本深志1位に対して松商学園6位と対照的だが、結果は正反対となった。

 松商学園直江 大輔松本深志小林 綾のともに最速140キロを超える本格右腕エースが先発。初回は小林 綾が3者三振、直江も2三振とともに上々の立ち上がりを見せた。

 しかし3回の松商学園の攻撃、試合は一気に動く。一死後、1番北原 拓未が内野安打で出塁すると一塁けん制が悪送球に。三塁を狙った北原に一塁手が今度は三塁に暴投し、北原は一気にホームにかえり先制した。二死後、3番吉田 忠真、4番山本健斗、5番熊谷駿の3連打でさらに2点を加え、3点のリードを奪った。

 直江に対して5回まで無安打の松本深志は6回、一死から1番寺川陸がチーム初ヒットとなる中越え三塁打で出塁。しかし後続が打ち取られ無得点。

 4回以降、小林 綾を攻めあぐねていた松商学園は8回、一死一、三塁から7番大和久 竣矢のスクイズ、さらに8番直江の2点三塁打で3点を追加。さらに9回には6番木内飛龍の適時打などでダメ押しとなる2点を加えた。

 直江は最終回、連打で無死一、三塁のピンチを招いたが、後続を2連続三振と盗塁刺殺で無失点にしのぎ、被安打3、16奪三振で完封した。

(文・写真=小池 剛)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ