創造学園が長野東との乱打戦を制す



2ランを放った山田(創造学園)

 1回戦突破の長野東は、連投となるエース右腕入山陸の先発を回避し、背番号11の右オーバー祢津蒼太がマウンドに上がった。初戦となる松本国際は、エース右腕後藤 晟が先発した。

 松本国際は2回、2四球と内野安打で無死満塁とし、7番成田登夢の打席で暴投により労せずに1点を先制。さらに二死満塁から押し出し死球、2番太田亮の適時二塁打で4点を先取した。

 3回にも暴投で1点を加えた松本国際は4回、先発の後藤から2番手八釼裕也にスイッチ。すると長野東は安打と敵失、四球で無死満塁。6番松井竜之介の打席で暴投により1点をかえすと、松井も右中間に適時打、さらに8番祢津にも適時打が生まれ3点をかえして反撃開始。

 2点差に迫られた松本国際はその裏、4番山田柚喜の2ランなどで4点を奪いリードを広げた。しかし長野東も続く5回、6番松井の適時打、7番村松優二郎の犠飛で2点をかえし4点差。粘る長野東は7、8、9回に1点ずつかえしたが、松本国際は細かい継投で複数失点は防ぎ、最終回はレフトに退いていた後藤を再びマウンドに戻し逃げ切った。

 松本国際は10安打ながら10四死球にも助けられ効率よく10得点。しかし5失策と守りは精彩を欠き、課題を残す勝利となった。長野東はエース入山を7回途中から投入し流れを変えに入ったが、8回に連打で痛い失点を喫した。

(文・写真=小池 剛)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ