佐久長聖が諏訪二葉を圧倒



3安打2打点の4番西藤(佐久長聖)

 夏準優勝の主力数人が残り、東信を1位通過した佐久長聖に、前日に県大会初勝利挙げた諏訪二葉が挑んだ。

 佐久長聖はエース右腕・林 虹太が先発。一方、諏訪二葉は前日に完封勝利の左腕・原惇樹が登板を回避し、右横手の技巧・武居千晶が先発した。

 初回を三者凡退で終えた佐久長聖は2回、一死一、二塁から7番林が先制の中前打。さらに9番中島章道も中前に適時打を放ち2点を先取した。佐久長聖は3回にも3番上神 雄三、4番西藤 慶人、5番真銅 龍平の3連続適時打で3点を追加した。

 佐久長聖先発の林は3回、被安打1、6奪三振と諏訪二葉打線を寄せ付けないまま降板。4回からは右上手投げの小嶋 大晟にスイッチ。その小嶋も5三振を奪う力投で諏訪二葉に反撃の機会を与えなかった。

 佐久長聖は5回、諏訪二葉の2番手中村卓登を攻め、8番小山 忍の適時二塁打で2点を追加。さらに6回にも再び、4番西藤、5番眞銅の連続適時打で3点を加え、10対0の6回コールドで諏訪二葉の挑戦を退けた。

 佐久長聖諏訪二葉の緩いボールに対してもセンターから逆方向への打球を心がけ、技巧派投手を攻略。一方、諏訪二葉はエースが登板できる状況でなかった段階で厳しかった。

(文・写真=小池 剛)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ