連戦のウェルネス、古豪長野商も撃破



髙山蓮(日本ウェルネス)

 超伝統校で北信1位通過の長野商が、連戦となる新鋭長野日本ウェルネスを迎え撃つ注目一戦。長野商は本格右腕の富岡叶大、長野日本ウェルネスは連投の右横手・高山 蓮の両エースが先発した。

 先手を取ったのは長野日本ウェルネス。2回裏、5、6番の連打と敵失で無死満塁とすると、8番、9番の連続スクイズが決まり2点。さらに二死一、三塁からボークが宣告され、この回3点を先取した。長野日本ウェルネスは3回にも6番髙山が自ら適時打を放ち、1点を追加した。

 4点を追う長野商は4回に反撃。先頭の4番田中城二の中前打を皮切りに7番元田太郎までの長短4連打で3点をかえし、1点差に迫った。

 ここから両エースが踏ん張ったが、長野日本ウェルネスは7回、2つの四球を足がかりに二死二、三塁とすると5番内藤友哉がレフト前に運び2点を追加。8回に1点をかえされた長野日本ウェルネスはその裏、長野商2番手戸谷友亮を攻め、2番山田大生のスクイズ、3番河野健太郎の2点適時打で3点を加え、長野商を突き放した。

 長野日本ウェルネス髙山は最終回の長野商の攻撃も無失点に抑え、135球、被安打10、与四死球4の粘りの投球で完投勝利を挙げた。

 長野商は自慢の2本柱が7四死球を与え、バックも2失策と乱れ、常に先行を許す苦しい展開だった。

(文・写真=小池 剛)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ