松本第一が粘る伊那弥生ヶ丘に辛勝



松本一エースの荻原

 中信地区3位通過の私立の強豪・松本第一と、南信地区を6位で通過した伊那弥生ケ丘との一戦は終盤までロースコアでもつれた。

 松本第一は連戦を見据えて背番号10の右腕平野 兼也、伊那弥生ケ丘はトルネードのエース右腕征矢 龍斗が先発。松本第一は2回一死から、6番岩堀 裕風が左前打で出塁すると、二死から8番平野が中越えの二塁打で1点を先制した。

 1点を追う伊那弥生ケ丘は4回、先頭の3番亀田 直哉の二塁打を皮切りに4番金野 駿、5番登内 遥平の連打で亀田がかえり、同点とした。すると松本一は5回からエース左腕荻原 健汰を投入。荻原はやや力みながらも力のあるストレートと大きなスライダーで伊那弥生ケ丘に傾いた流れを食い止めると7回、松本第一は一死一、三塁で2番平井 智樹の内野ゴロを痛恨のトンネルし、2者がかえって2点を勝ち越した。

 荻原は9回、伊那弥生ケ丘の先頭6番の伊藤 昂星を二塁打で出塁を許し、内野ゴロの間に1点を失ったが後続を断ち、3対2で逃げ切った。一方、完投した伊那弥生ケ丘の征矢は被安打9、自責点1と好投した。

 松本一の田中健太監督は新チームに合わせて就任し、県大会でまず1勝を挙げた。

(文・写真=小池 剛)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ