松商が小諸商とのライバル決戦に快勝



2ランを放った松商の中村

 昨年秋の県大会準々決勝、そしてこの夏の県大会準々決勝で対戦し1勝1敗の両チーム。松商学園学園[/team]はこの夏甲子園に出場し新チームの始動が遅れたこともあり、地区予選は6位で通過。一方、小諸商は夏8強の主力野手6人が残り、大きな戦力ダウンがなく新チームに移行し地区3位通過。1回戦で最も注目されるカードなった。

 試合はいきなり思わぬ形で幕を開けた。小諸商先発の本格左腕・引木翼は、松商学園の1番で甲子園にも出場した北原拓未に頭部死球。北原はそのまま退場となった。引木はその後立ち直り、力のある速球を主体に松商学園打線を力でねじ伏せていった。

 対する松商学園は、甲子園でもリリーフ登板したエース直江 大輔が登板。伸びのあるストレートと切れのいい変化球で3回まで無安打に抑えた。しかし4回、直江は二死から小諸商4番清水奏太に死球を与えると5番渡辺大寿は、右中間へチーム初ヒットとなる二塁打を放ち、1点を先制した。

 引木に無安打だった松商学園は5回に反撃。先頭が敵失で出塁すると送って一死二塁とし、7番大和久 竣矢が中前に同点適時打。失策を挟み二死一、三塁から北原に代わった1番土井東がライト前に落とす2点適時打で逆転に成功した。

 引木の直球をとらえ始めた松商学園は7回、9番中村泰雅の2ラン、さらに代わった2番の石井康瑛も攻め、二死満塁から4番山本健斗の走者一掃の三塁打などで一挙6点を加えた。

 6回に一死満塁のピンチを0点に抑えた直江は7回も危なげなく3人で切って取り、7回コールドでライバルとの大一番に快勝した。

(文・写真=小池 剛)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ