伊那弥生ヶ丘が諏訪清陵に完勝、県代表に



伊那弥生のエース征矢

 ともに南信予選準々決勝で競り負け、県大会出場を懸けて復活代表決定戦に臨んだ。

 伊那弥生ケ丘は1回表、諏訪清陵の先発左腕、市川 新太をいきなり攻略。先頭の桑原 健が右前打で出塁し犠打後、四球と安打で一死満塁。ここで5番宮原 昇大が中前に弾き2者をかえして先制。さらに7番塩谷 遼平の適時内野安打で1点を加え、3点を先行した。

 伊那弥生ケ丘は続く2回も3番亀田 直哉、4番金野 駿の連続適時打で2点を加えると、3回には8番小松 楽にも適時打が生まれリードを6点に広げた。

 伊那弥生ケ丘の先発右腕、征矢 龍斗はトルネード型の投法で荒れ気味ながらも力のあるストレートと、右打者の外に逃げる変化球で清陵打線に的をしぼらせない快調なピッチング。伊那弥生ケ丘は5回に、桑原のこの日3本目の安打が適時打となり7点差とすると、征矢が被安打4、無四死球の快投で、7回コールドで清陵を退けた。シード校の伊那弥生ケ丘は、6位通過で県大会出場に滑り込んだ。

(文・写真=小池 剛)

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ