長野西が連合チームに逆転勝ちで県大会進出を決める



逆転勝ちを収めた長野西ナイン

 ともに準々決勝で敗れ、最後の県大会出場枠を懸けた一戦。部員不足の北部・軽井沢・坂城の3校連合チーム(以下、連合)が長野西に挑む展開が予想された。

 長野西は1回、安打と敵失で二死一、二塁とし5番荒井悠吾が右中間を破る二塁打で1点を先制した。追う連合は2回、一死後、四球と安打で一、二塁として8番倉澤司の投前犠打を一塁に悪送球し、二走宮川優太が同点のホームイン。さらに一死二、三塁から9番湯本哲平の投前スクイズを野選し勝ち越しに成功。続く1番大日方雅飛、3番熊井蓮には適時打が飛び出し、この回一挙5得点の猛攻を見せた。

 連合先発の左腕・宮川を攻めあぐんでいた長野西は6回、2連続押し出し四球で2点を返すと、7回にも2つの四球を足がかりに代打大沢風登、続く8番申龍星の連続適時打で同点とした。さらに一死満塁から9番渡辺壮太が押し出し四球を選び、ついに逆転した。

 長野西は3回以降も毎回のように得点圏に走者を進められたが、3人の懸命の継投により1点差で逃げ切り、5季ぶりの県大会に滑り込んだ。

 部員不足が示すように単独ではなかなか公式戦で勝てない3校だが、バッテリーを中心にし「一つのチーム」となり公式戦で1勝し、県大会へ大手を懸けるまでの躍進を見せた。

(文・写真=小池 剛)
(写真=img011佐藤 純一

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ