中野立志館が延長制し県大会へ



好投した神戸(中野立志館)

 ともに北信予選準々決勝で敗れ、県大会出場を懸けたラストチャンス。

 長野俊英は1回、先頭の外山大夏が左前打で出塁。2番吉田 圭佑の犠打を捕手が野選、さらに3番小平海斗の内野安打で無死満塁とすると4番井上 和弥がセンターに犠飛を放ち、1点を先制した。

 1点を追う中野立志館は3回、二死から9番小林渉が四球で出塁するとすかさず二盗に成功。1番山口勇飛がセンター前に弾き、二走の小林が生還し同点とした。

 中野立志館のエース左腕神戸尚弥は2回以降、毎回のように走者を出しながらも長野俊英に勝ち越し点を許さない粘りの投球。逆に長野俊英は不安定な相手守備で好機を得ても、けん制死や盗塁失敗などでたたみ掛けられなかった。

 その長野俊英の先発、1年生右腕の大澤優人も3回に1失点はしたものの、力強いストレートと制球力で毎回に近い三振を奪い、中野立志館に追加点を許さず、試合は延長戦にもつれ込んだ。

 すると10回表、中野立志館は先頭の4番竹節新が中前打で出塁。犠打で二進し6番丸山真人が右前打でつなぎ、一死二、三塁と攻めると、7番小林優貴の内野ゴロの処理を焦った一塁手がはじき、三走の竹節が勝ち越しのホームを踏んだ。中野立志館はその裏、一死一、三塁のピンチを5-4-3の併殺でしのぎ、2対1で逃げ切り、4季ぶりの県大会出場を決めた。

(文・写真=小池 剛)
(写真=img011佐藤 純一

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ