2011年07月25日 宮崎県総合運動公園硬式野球場(サンマリンスタジアム宮崎)

延岡学園vs宮崎商

2011年夏の大会 第93回宮崎大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

意地のスライダー

 中学時代から大騒ぎされた逸材だった。宮崎リトルシニア時代から138キロの剛球と高速スライダーを武器に、7度の全国大会を経験。高校入学と同時にベンチに加わり、1年夏は主戦投手として準優勝も果たした。
以降もエースとしてチームを2度の九州大会に導き、いよいよその名声を高めていった吉田 奈緒貴宮崎商)。そんな宮崎の怪童が、高校最後の夏を終えた。

この日は朝から防砂林の向こうの日向灘が、大量の積乱雲を生産していた。この雲が海からの風に乗り、準決勝が行なわれているサンマリンスタジアム宮崎の上空を、もくもくと覆い尽くしていくのである。

初回に自らの暴投で2点を失った宮崎商・吉田が、続く2回裏も一死一・三塁のピンチを招き、9番・大平勇己を打席に迎えた場面だ。1ボール1ストライクとなったところで、ついに大粒の雨が、バケツを一斉にひっくり返したような勢いで、グラウンドに叩きつけてきた。これで試合は中断。
両チームの選手はダグアウト裏へと下がり、ずぶ濡れになったユニフォームを着替え、食事を摂り、ブルペンを利用して体をほぐすなどして、再開の時を待つ。
中断中に宮崎商・濱田登監督は「ウチにとってはラッキーな雨なんだぞ」と選手たちに言い聞かせ続け、選手たちも必死になってモチベーション維持に努めた。吉田もしかり。
しかし、2時間9分という中断はあまりにも長すぎた。

 再開直後に吉田が投じた初球を、延岡学園の9番・大平が三塁手の前に転がした。スクイズである。
再開を待つ間も、濱田監督は「あるぞ」と警戒を促していたという。ボールカウントや打順、グラウンドコンディションを考えれば、吉田も捕手の平野友聖も察知はしていた。
それだけに、吉田が投じた再開初球の内角直球は、さらに厳しく行っても良かったか。打球を見て慌ててダッシュをかける三塁手・榎園涼一。
しかし、三塁走者・谷村康太のスタート、加速はこれをさらに上回り余裕の本塁生還。鮮やかなスクイズ成功で3点目を奪った延岡学園は、続く1番・小幡和弘から4番・濱田晃成までの4連打でさらに4点を追加。2回までに大量5点のリードを築いてしまったのだ。

【次のページ】 延岡学園vs宮崎商(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
阪神・小幡竜平にかかるレギュラー奪取への期待 【ニュース - 高校野球関連】
奈須 怜斗、横瀬 貴広ら投手陣が活躍!2013年夏に準優勝を果たした延岡学園ナインのその後 【ニュース - 高校野球関連】
第929回 春夏連続を狙う日章学園に夏に仕上げる日南学園!小林西の好投手・鶴田にも注目!【大会展望・総括コラム】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集コラム】
第92回 日南学園と13年夏準優勝の延岡学園が競い、聖心ウルスラなども【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第710回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【野手編】【大会展望・総括コラム】
第695回 九州を代表するショートストップ・小幡竜平(延岡学園)!目標は源田壮亮! 【2018年インタビュー】
樟南vs延岡学園【2018年春の大会 第142回九州地区高等学校野球大会】
國學院栃木vs延岡学園【第90回記念選抜高等学校野球大会】
延岡学園vs筑陽学園【2017年秋の大会 第141回九州地区高等学校野球大会】
宮崎学園vs延岡学園【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
妻vs宮崎商【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
第77回 延岡学園高等学校 岩重章仁選手 【2011年インタビュー】
延岡学園 【高校別データ】
宮崎商 【高校別データ】
第93回宮崎大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

延岡学園(*^o^*)高校生 2011.07.24
ぜったい延学♪

また甲子園いってくださぃ★
宮崎商あとふたつ奈良のトラキチおっちゃん 2011.07.24
30年まえ、宮商の運動場の前に4年間住んでいました。
当時、グランドで選手が真っ黒で白球を追っていた姿が思い出されます。ぜひ甲子園でのあの姿を、もう一度観たいものです。今奈良に住んでます甲子園で待ってます、宮商魂でこの一戦たのんまっせぇ〜。

応援メッセージを投稿する

宮崎県地域応援スポンサー

宮崎県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る