2017年07月09日 KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎

妻vs宮崎商

2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

フィジカル強化が実る!待望の夏勝利「TSUMA(妻)」

 昨日、開会式直後に予定されていたオープニングゲーム、宮崎商vs、は、試合開始直前に雨天中止となった。仕切り直して顔をあわせた両チームに、今日は、雨上がりの蒸し暑さに加えて、厳しい陽射しが照る夏舞台が用意された。

 は釋迦郡(3年)。宮崎商は清水勇斗(3年)。両チームの右腕エースが一歩も譲らず、7回終わって0対0宮崎商。夏の戦いらしく、緊迫した投手戦となった。

 そして、8回表一死から、の9番・甲斐暁斗(2年)が打った内野ゴロを三塁手が一塁へ暴投。甲斐暁斗は二塁へ進む。1番・福田(2年)が中前安打で続いて二盗に成功!一死二、三塁。

 ここぞのチャンスに、2番・國府(3年)が外角球を2回ファールで粘った後、インコース低めに要求した捕手のミットよりも、やや真ん中に入った甘い球を逃さずセンター前に弾き返した!均衡破れる2点タイムリーヒット。さらに、代打で打席に立った3番・中武裕樹(3年)が中前安打で続く。ここで、4番・甲斐裕也主将(3年)が最低限の仕事(右犠飛)をして3点目をあげた。3対0宮崎商

 宮崎商は、6回二死二塁から1番・田村(2年)のセカンドゴロ内野安打間に、二走・平田(2年)が本塁突入を試みたが、の一塁手・小島(3年)の冷静な本塁送球に阻まれタッチアウト。宮崎商が先制点をあげるか?というシーンだったが、その後もの堅い守りをまえに攻め入る隙がないまま、4安打完封負けを喫した。

 2017年、夏。KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で、初めて、最高の笑顔を輝かせて校歌斉唱したのは「TSUMA()」ナインだった。学校として7年ぶりの夏・初戦突破。昨夏(98回同大会)は、宮崎工を相手に4点をリードし、初戦突破を手中に収めかけていたが、9回裏に同点に追いつかれると、延長10回サヨナラ負けを喫した。先輩達の悔しさを晴らした現選手は、2015年4月、同校部長から監督に就任した沼口将之監督が入学時から育てたメンバーだ。

 東京六大学野球(法政大)でプレー後、アメリカでの野球修行経験がある沼口監督は、就任当時に「日米の高校生では、まず体が全然違う。フィジカルの強さから生まれるプレーがある。アメリカで学んだことも選手に教えて、フィジカルの強い選手、夏に勝てるチームをつくりたい」と意気込んでいた。冬場だけではなく、日常から体力トレーニングのみに全時間を費やす日を設けるまでして、選手の体を徹底的に鍛え、夏に戦える準備をしてきた。

 また、今年4月から、高校野球の現場に復帰した岩切 昭二郎部長(2014年度まで宮崎北監督、2016年度まで県教委)がチームに加わったことにより、強力な懐刀となった。

 過去5年間で、準優勝1回(昨夏)、ベスト4が1回、ベスト8が2回、夏に強い宮崎商を完封で負かしたのだから、これまでやってきたことの成果が出た「夏1勝」だった。

 今チームからユニフォームを一新した。帽子には「T」、胸には「TSUMA」。沼口監督がファンだというテキサス・レンジャーズのユニフォーム(上下ホワイト)と同じデザインだ。「TSUMA()」が、この夏、爽やかな新風を起こせるか?2回戦では、第8シード・宮崎日大に挑む!

(文=三角 竜之)

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【九州大会】離島・大島の県立校、大崎が福岡大大濠を破り初優勝!<6日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
大崎は延長サヨナラで明豊を撃破!福岡大大濠は1年生右腕・馬場が1安打完封!5日の準決勝2試合を徹底レポート!【秋季九州大会】 【ニュース - 高校野球関連】
福岡大大濠vs宮崎商【2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会】
第929回 春夏連続を狙う日章学園に夏に仕上げる日南学園!小林西の好投手・鶴田にも注目!【大会展望・総括コラム】
明秀学園日立vs下妻二【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会】
水城vs下妻一【茨城県 2018年夏の大会 第100回選手権茨城大会】
第92回 日南学園と13年夏準優勝の延岡学園が競い、聖心ウルスラなども【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第469回 富島高校【前編】「ないない尽くし」から5年で掴んだ甲子園【野球部訪問】
霞ヶ浦vs下妻二【茨城県 2017年夏の大会 第99回選手権茨城大会】
霞ヶ浦vs下妻一【茨城県 2017年夏の大会 第99回選手権茨城大会】
第525回 宮崎県展望「剛腕投手輩出県こと宮崎。今年も藤谷、森、木幡などプロ注目がズラリ!!」【大会展望・総括コラム】
第22回 東海大相模も敗退!今夏の甲子園は東海大系列校ゼロ!今日の熱戦をプレイバック!【夏の大会特集2016】
妻 【高校別データ】
宮崎商 【高校別データ】
第99回全国高等学校野球選手権大会宮崎大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

宮崎商頑張ってください!!まあこ 2017.07.09
元宮商生です。決して広くはないグラウンドで他の部活生と共に汗を流していた野球部員を思い出します。
練習はきっと嘘をつきません!
延岡の地から応援しています。がんばれー!!

応援メッセージを投稿する

宮崎県地域応援スポンサー

宮崎県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る