2017年05月30日 宮崎市生目の社運動公園野球場(宮崎アイビースタジアム)

聖心ウルスラvs福島

2017年春の大会 第64回宮崎県高等学校野球選手権大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

聖心ウルスラ、福島を投打で圧倒!



園田(聖心ウルスラ)

 初回、一死三塁と二死満塁のピンチをしのいだ福島に早速チャンスが訪れた。

 1回裏、福島の1番・倉岡遼と2番・鍋倉が連続内野安打で出塁すると、一死二、三塁になって4番・安永大地が右前へ適時打を放ち先制。福島が主導権を握ったかと思われたが、聖心ウルスラは3回一死三塁から5番・請関の内野ゴロ間に1点を奪い、序盤で同点に追いつく。

 すると、ここから聖心ウルスラが本領を発揮した。

 4回一死一、三塁、2番・園田が左前へ適時打を放つ!この打球を左翼手が後逸。三走・赤木、一走・増田に続いて園田までホームに生還!聖心ウルスラが4対1と点差を広げた。

 さらに、二死一、二塁から6番・河野の右前適時打で5点目をあげると、続く二死一、三塁の場面では、一走・河野が盗塁を試み、相手捕手が二塁へ送球すると同時にタイミング良く三走・矢野がホームスチール!6点目をあげた。(得点後に河野が一二塁間で挟殺死)

 聖心ウルスラは、5回に1番・増田の適時打と4番・矢野の2点適時打で中押し!7回には5番・請関の2点適時三塁打と6番・河野の適時打でダメ押し!格の違いをみせて7回コールドとした。

 投げては、先発した左腕・宮原(背番号8)が初回に1点を許した後、見違えるほどの堂々たるピッチングをみせた。相手打者のタイミングを巧みにかわす投球術で、2回から5回を無四死球・無安打・無失点。4回と5回には6打者連続三振を奪った。

 今チームも、夏に向けて、隙のないチームに仕上がってきている聖心ウルスラ。準決勝では、同じくチーム状態の良い都城東と対する。

 ともに、相手投手をどう攻略するか?
あるいは、相手打者をどう料理するか?
面白い戦いになりそうだ。

(文・写真=三角 竜之)

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
福島商vs堀越【2019年 練習試合(交流試合)・夏】
エースを須藤を中心に堅実な野球は健在!聖光学院は悲願の「白河の関越え」を果たせるか? 【ニュース - コラム】
第28回 聖光学院(福島)【13年連続16度目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
日章学園や小林西、日南学園など今年も宮崎は粒ぞろい!宮崎大会展望を紹介! 【ニュース - コラム】
第929回 春夏連続を狙う日章学園に夏に仕上げる日南学園!小林西の好投手・鶴田にも注目!【大会展望・総括コラム】
第6回 福島商(福島)「選手一人一人が夏、春までの目標を真剣に考える」【冬が僕らを強くする2019】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集コラム】
第175回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.19 濱田太貴(明豊)「九州ナンバーワンスラッガー 不完全燃焼で夏を終える」【ドラフト特集コラム】
第687回 戸郷 翔征(聖心ウルスラ) 「県外の強豪校を破る投手になりたい」 【2018年インタビュー】
明豊vs聖心ウルスラ【2018年春の大会 第142回九州地区高等学校野球大会】
聖光学院vs聖心ウルスラ【第99回全国高等学校野球選手権大会】
聖心ウルスラvs早稲田佐賀【第99回全国高等学校野球選手権大会】
聖心ウルスラvs日向学院【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
聖心ウルスラ 【高校別データ】
福島 【高校別データ】
第64回宮崎県高等学校野球選手権大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

宮崎県地域応援スポンサー

宮崎県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る