2016年07月19日 KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎

日南学園vs都城東

2016年夏の大会 第98回選手権宮崎大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

これが選抜を経験した第1シード・日南学園だ!

 日南学園1番・長原の右越え先頭打者ホームランで始まった3回戦第1試合は、4回に都城東が一死二塁から4番・東の右中間越えの適時三塁打で1点を返し、試合をふりだしに戻した!

 しかし、その直後、日南学園は二死二塁から4番・益田の右前適時打で勝ち越す。

 5回終わって、日南学園2対1都城東

 日南学園の森山(3年)、都城東の小川(2年)。強気でテンポ良く投げ込む両エースが緊迫した投手戦を展開した。

 ところが終盤、試合が大きく動く。

 日南学園は7回、6番・萩原の左中間越えの2点適時三塁打と敵失で5対1とすると、対する都城東は8番・中口の三遊間を抜く左前適時打で1点を返す。すると、日南学園は8回、4番・益田の右前適時打で1点を追加!

 8回終わって、日南学園6対2都城東

 リードを許した都城東は、日南学園の勢いを継投で食い止めたいところだったが、さらに四死球や守りのミスが重なり、次々と点を献上してしまう展開に。明らかに、緊張の糸が切れたかのように戦意喪失状態となった。

 そこを逃さず、容赦なく攻め続けた日南学園は、最終的に代打・松田の2点中前適時打で13対2とした。

 投げては、堂々たるマウンドさばきのエース森山が、8回まで10奪三振の好投。最終回は、3年生右腕の蓑尾が4者に対して3奪三振に切って取った。

 中盤までの競った展開にも焦ることなく、全く負ける要素を見出せない程の日南学園が、格の違いをみせつけてベスト8一番乗り!春夏連続甲子園出場へ、また一歩近づいた。

 日南学園は、準々決勝で「佐土原vs日向学院(第8シード)」の勝者を迎え撃つ!

(文=三角 竜之)

注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
新井貴浩が出世頭!広島のドラフト下位指名から躍進したのは? 【ニュース - 高校野球関連】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第929回 春夏連続を狙う日章学園に夏に仕上げる日南学園!小林西の好投手・鶴田にも注目!【大会展望・総括コラム】
第49回 社会人名遊撃手の系譜をたどり、ドームで活躍誓う「高卒ゴールデンルーキー・水野達稀」【四国発】
第56回 柔軟で緻密、そして「考える」ことこそが杉山野球の真髄 杉山繁俊監督(東海大福岡)【前編】【名将たちの言葉】
常葉大菊川vs日南学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
日南学園vs丸亀城西【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
都城東vs九州学院【2017年秋の大会 第141回九州地区高等学校野球大会】
日向学院vs日南学園【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
延岡工vs都城東【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
日南学園 【高校別データ】
都城東 【高校別データ】
第98回全国高等学校野球選手権宮崎大会 【大会別データ】

応援メッセージ (6)

楽しく伸び伸びと。mm 2016.07.18
上昇!都城東。次の試合も日頃の練習の成果を力の限り発揮できるよう頑張れ!
楽しく伸び伸びとやれば、きっと勝利します。
目指せ甲子園。
都城東高校勝って匿名希望 2016.07.18
富島に勝てた都城東なら相手は日南学園でも勝てると思います。勝って宮崎大会に大波乱をおこしてください。河野監督の采配にも期待してます。
日南学園頑張れ日学!!む 2016.07.18
自分は日南学園の卒業生です。
毎年熱かったあの野球を忘れないです!!
今年も頑張れ!!勝ち取れ甲子園!!
龍成がんばれ。元家庭教師 2016.07.17
君と会ったのは小学一年生の時だけど、頑張ってるね。
頑張れ。応援に行くね。、
いよいよ大一番東ファン 2016.07.17
都城東が日南学園に挑みます。正にチャレンジ、今までの努力の成果を見せて下さい。
日学ファイト✊杉尾 優子 2016.07.12
この暑い夏
春夏甲子園目指して頑張って

応援メッセージを投稿する

宮崎県地域応援スポンサー

宮崎県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る