東北が後半に打線爆発!2年連続の夏の甲子園出場まであと1勝!

 宮城大会準決勝。東北が後半に突き放し、コールド勝ちで決勝進出を決めた。まず東北は、4回裏、2番杉澤 龍(2年)がライトスタンドへ打ち込む本塁打で1点を先制する。杉澤は2年になってから急激に本塁打が増えた2年生スラッガー。2番とはいえ侮れない存在だ。だが、仙台三も、5回表、9番片倉秀太(3年)の適時打で同点に追いつく。片倉はもともとクリーンナップを打っていた選手だったが、打撃不振で9番に降格していた選手だった。その片倉が打ったことで勢いに乗りたい仙台三だが、勝負所であと1本が出ない。

東北は、仙台三の先発・木村 洋介(3年)のピッチングの前になかなか勝ち越し打が出ない。決して上背は大きいわけではないが、130キロ前後のストレート、カーブ、スライダーをテンポ良く投げ分ける投球。丁寧なピッチングができる投手で、東北打線は焦りが見えた。だが7回裏、東北は一死三塁から4番布施 東壱(3年)の中前適時打で、1点を追加。さらに二死二塁から植木 利久(3年)がライト超えの適時二塁打で、さらに1点。二死一、三塁から8番葛岡 仁(2年)の左前適時打で4対1と点差を広げ、9番佐藤碩人(3年)がスライダーを捉えライトの頭を超える適時三塁打で、6対1と木村を降板させる。

 そして8回裏、5番千葉隆生(3年)がライトスタンドへ消える本塁打を放ち、8回コールド勝ちを決めた。これで東北は2年連続の夏の甲子園出場まであと1勝とした。前半苦しんだ東北だが、後半では自慢の長打力を見せた。

(文=河嶋 宗一

注目記事
第99回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ