東北が3年ぶりの決勝へ

 東北古川工を13対7で下し、3年ぶりの決勝進出を決めた。

 初回に先制した東北だったが、3回、3つのエラーがからんで5点を失った。それでも4回、この回、先頭の5番・伊勢 隼がレフト前ヒットで出塁し盗塁で二塁に進むと、6番・植木 利久が左中間へ適時二塁打。一死後、代打・松本 大雅の一ゴロで1点を追加した。

 そして5回、2番・佐藤 翔大がレフト前ヒット、3番・千葉 隆誠の犠打で一死二塁とし、4番・熊谷 航がセンターオーバーの適時三塁打。5番・伊勢も三塁打で続き、同点に追いついた。6番・植木への初球が暴投となり、勝ち越し。さらにヒットと2四球で満塁とすると、1番・田中 隆太がレフト前に2点適時打を放って突き放した。7回に2点を失ったが、8回、4番・熊谷の2点適時三塁打などで5点を加えた。

 5つの失策がありながら、15安打13得点で3年ぶりの決勝進出。我妻 敏監督は「東北大会出場を目標にやってきたので、やっとここまで来られたなという思いがあります」と話した。失策に関しては「ミスは仕方ない。くい止められるようにしないと」と注文。攻撃は、前日の準々決勝後に「しっかり振る」ことをテーマに約1時間、打ち込んだ成果が出たようだ。

 決勝の相手は仙台育英。地区予選では1対8の7回コールドで敗れたが、試合を重ねるごとに成長している。
我妻監督は「この子たちは未知数。もっと潜在能力があると思っています。臆することなく、大暴れしてほしいですね」と、期待を込めた。

(文・高橋 昌江

関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!宮城県の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。