仙台育英が公式戦7試合連続コールド勝ち

3ラン本塁打を放った瀬戸 泰地(仙台育英)

 仙台育英がまたもコールド勝ちした。これで地区予選4試合、県大会3試合と、公式戦7試合連続コールド勝ち。県大会は3試合連続完封勝ちとなり、佐々木 順一朗監督の試合後の第一声は「ビックリですね」だった。そして、こう続けた。
「そんなに強い感じもないし、自分たちも強いと思っていない感覚で練習している。試合でホームランが出ているのが信じられないですね。上手く行き過ぎているが、謙虚。今日も帰ってミーティングがありますが、おそらく、試合の反省点の方が出ると思います。ノーアウト一、二塁で点数が入らないとか、打席の入り方とか。馬力もないし、ピッチャーが佐藤世那ではないのでずば抜けているわけでもない。『よしッ』という感じじゃないのがいいのかもしれませんね」

 仙台育英は1回、1番・西巻 賢二が四球、2番・瀬戸 泰地が死球で出塁すると、それぞれ暴投で進塁した。3番・大友 智裕がライトへ犠牲フライを打って先制。4番・福山 龍旺がレフトフェンス直撃のタイムリーで続いた。二死後には相手の失策で追加点を挙げ、7番・佐藤 達輝のレフトフェンス直撃適時二塁打、8番・若山 壮樹の内野安打が続いて、初回で一挙5点を奪った。2点で終わっていた可能性があり、東陵としては二死後の失策が悔やまれる。

 5回には4番・福山が左中間を割る二塁打できっかけを作ると、6番・尾崎 拓海、9番・大崎 柊弥がタイムリーを放って加点した。6回に1点を加えると、7回には瀬戸が高校初本塁打となる3ランを放った。瀬戸は小技が得意なタイプ。狙っていた内角直球にバットを振り抜いたが、自身で「交通事故です」と言うほど、まさかの本塁打だった。

関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!宮城県の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会