仙台育英がコールドで3回戦へ

2ラン本塁打を放った福山 龍旺(仙台育英)

 仙台育英古川学園を7回コールドで下した。

 仙台育英は初回、1番・西巻 賢二がショートへの内野安打で出塁。2番・瀬戸 泰地の犠打で二塁へ進んだ。3番・譜久村 慧斗が左飛で2死となったが、4番・福山 龍旺が死球。二死一、二塁で5番・斎田 海斗がライト前ヒットを放ち、先制した。さらに尾崎 拓海がショート内野安打で続き、2点目も奪った。
3回には、この回、先頭の3番・譜久村がレフトへ二塁打を放つと、4番・福山がレフトポール際へ今大会第1号の2ランを放った。さらに、5番・斎田、6番・尾崎が連打で続くと、一死一、二塁で8番・大友 智裕がレフトに2点適時三塁打。暴投で本塁を踏んだ。

 ここで古川学園は先発・本田 智己から阿部 松樹に投手交代した。古川学園は6回、一塁で先発出場していた元木 智比呂を3番手でマウンドへ。一死一、三塁で福山がサードゴロに打ち取られ、二死一、二塁とし、5番・斎田がライトの頭上を越す2点適時三塁打を放った。投げては、エースナンバーを背負う大崎 柊弥と、左腕・佐川 光明の継投で完封した。

 佐々木 順一朗監督は福山のホームランに「たまたまでしょ」と言いながらも「いい意味で調子に乗ってくれれば」と期待。3安打3打点の斎田に「いいところで打ってくれた」と満足げだった。

 今夏の甲子園準優勝した仙台育英。現チームは甲子園後、すぐに地区予選を迎えた。準備期間がない中で地区予選全4試合をすべてコールド勝ちしたが、数字と実力が比例していないことは選手たち自身がよく分かっている。その上、地区予選2試合目の途中で正捕手の若狭 武瑠が右ヒザを骨折。急造ながら、1年生の尾崎がマスクを被って、試合を重ねてきた。そんな状況ながら、1試合ごとにチーム力を付け、〈強さ〉を身に付けていっている。

「先生(佐々木監督)から『前チームと比較されても気にするな』と言われているので、(甲子園準優勝は)意識していない」と福山。甲子園の結果を引きずっていないのも、奏功しているのだろう。瀬戸主将を中心とした仙台育英はこの秋、どこまで成長していくのか。

(文・高橋 昌江

関連記事
・2015年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!宮城県の野球部訪問を一挙紹介!

2015年秋季大会

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。