仙台育英が2年ぶりに甲子園へ

 仙台育英古川工による甲子園出場を懸けた最後の戦いは、13対0で仙台育英が勝利。2年ぶり25度目の甲子園キップを手にした。

 仙台育英古川工も先発投手はエースだった。
1回表、古川工の攻撃。仙台育英のエース・佐藤 世那は前日の準決勝 (試合レポート)で初回に1アウトも取れずに降板していた。そのやりきれない思いを払拭するかのように、1番・柳澤 飛鳥、2番・今野 一真から空振り三振を奪う立ち上がり。3番・佐藤 宏太郎もセカンドゴロに打ち取り、走者を出さずにスタートを切った。

 一方、古川工・佐藤も無難な立ち上がりを見せる。宮城大崎リトルシニア時代のチームメートである1番・佐藤 将太をショートゴロに打ち取ると、2番・青木 玲磨を見逃し三振、3番・平沢 大河をセンターフライに抑え、こちらも三者凡退でスタートした。

 2回表、佐藤世は2死後、6番・斎藤 淳史にファウルで粘られ、四球を与える。嫌な感じがしたが、7番・鹿野 魁平から三振を奪い、崩れなかった。

 2回裏、仙台育英は三者凡退に倒れたが、3回裏、強力打線の片鱗を見せる。
1死から8番・谷津 航大が、この日、両チームにとって初となるヒットをレフト前に放つ。9番・佐藤世が犠打を決めると、二走・谷津は暴投で三塁へ。2死1塁で1番・佐藤翔がライト前にタイムリーヒットを放ち、仙台育英が先制した。

 そして、5回だ。この回、先頭の9番・佐藤世が右中間に二塁打。自らのバットでチャンスを作る。1番・佐藤将がレフトに弾き返し、無死1、3塁とすると、2番・青木がレフトにタイムリーヒット。ここで古川工は先発したエース・佐藤からレフトを守っていた2番手、背番号10の鹿野に交代。佐藤がレフトに回った。

関連記事
・第97回全国高等学校野球選手権大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!宮城県の野球部訪問を一挙紹介!
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会