各学年の力かみ合った快勝

近年めきめきと力をつけている津商が初戦に続きコールド勝ちし、3回戦進出を決めた。

上級生と下級生の力がかみ合った快勝だといっていい。津商は1~5番打者に2年生が並び、下位打線を3年生が固めるが、打線が見事につながった。コールド勝ちを決めた8回表は、満塁のチャンスで4番清水 智貴(2年)が2点タイムリーを放つと、5番高橋 智也(2年)がタイムリー三塁打、6番城塚俊亮(3年)もタイムリー三塁打で続いた。特に城塚はこの日3安打と気を吐き、盗塁も次々と成功させた。

打線で特に目を引いたのは3番の森山拓磨(2年)だ。打席での雰囲気がよく、姿を大きく見せている。スイングでの体のしなりやインパクトの強さからも、強打者ぶりが見て取れた。

投手陣も先輩から後輩へのリレーで相手打線を1点に抑えた。先発の岩本樹(3年)はストレートは球場のスピードガンで130キロ前後だが、打たせてとるピッチングが持ち味で、大崩れしないコントロールが大きな武器だ。打者の手元で変化するスライダーの軌道・変化量も特長で、沈む球もある。
8回裏にマウンドに上がった矢口裕也(1年)は、2安打完封した初戦に続いての登板となったが、1回を2奪三振でピシャリ。柔らかい腕の振りからのストレートが素晴らしく、球場のスピードガンで常時130キロ代後半、最速で139キロを計測した。

津商は2010年秋、2011年秋と連続して県の一年生大会で準優勝。そのメンバーが現在の2・3年生だ。実力は世代上位であることは証明済みなだけに、その力がかみ合う今年、夏の栄冠をつかみたい。

尾鷲は序盤に4点を先制され苦しい展開となったが、最も三塁側スタンドが沸いたのは6回裏の攻撃だ。
1番橋本雄太(1年)がチーム2本目となる安打で出塁すると、2番古味翔也(3年)がレフトへタイムリー二塁打。キャプテン古味の意地の一打で1点をもぎとった。また劣勢をものともせず攻撃の口火を切った橋本はまだ1年生。足も速そうで面構えがよく、初戦でも3安打しており、今後も活躍が期待できそうだ。
投手陣ではやや変則気味の左腕植村兼太(3年)、2年生右腕川村友宏(2年)が力投したが、相手打線につかまった。初戦で好投し、4番打者でもある橋本陣(3年)は、リリースのタイミングを遅らせたオーバースロー左腕。打者が手こずりそうなフォームが印象的でストレートに伸びがあり、救援して打者2人を抑えた

(文=尾関 雄一朗)