2011年05月02日 四日市市営霞ヶ浦第一野球場

菰野vs桑名工

2011年春の大会 第58回 春季東海地区高等学校野球三重県大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

菰野打線が本領発揮

菰野、中軸がフル回転で決勝進出

3点ビハインドで迎えた三回、菰野打線が本領発揮する。二死2塁で2番・冨田の中前適時打で1点を返す。
逆瀬川が続き2、3塁のチャンスに迎えるは4番・辻。辻が放った打球は左中間スタンドへ突き刺さり3ランホームラン。一気に逆転に成功した。
四回に1点を、五回に逆瀬川と榊原がソロホームランとさらに2点を追加。点差を4点に広げ、前半を終えた。

六回の桑名工の投手交代を見逃さず、一気に畳み掛ける。3四球4安打、打者10人の攻撃で4得点。最初はリードされていたものの、最終的には七回コールド勝ちを収めた。

今試合、全11得点中9得点が3番・逆瀬川、4番・辻、6番・榊原の打点である。打線の中心となる選手のここ一番での勝負強さが菰野打線の強みである。
また、エース・方田を温存し、自身の試合後にあったいなべ総合の試合を偵察するなど決勝・いなべ総合戦に準備は万端だ。

大差で菰野に負けた桑名工であったが、6日にある3位決定戦で夏のシード獲得が決まる。
エース・島村がどこまで皇學館打線を抑えられるか、それが鍵となってくるだろう。

(文=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
コントロール重視の投球フォームから繰り出す「153キロ」。 岡林勇希(菰野)【後編】 【ニュース - インタビュー】
第1048回 コントロール重視の投球フォームが生んだ「153キロ」。 岡林勇希(菰野)【後編】 【2019年インタビュー】
153キロが投げられるのは必然だった?ドラフト注目右腕・岡林勇希の深き思考に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第1048回 探究心豊かな速球派右腕・岡林勇希(菰野)。153キロを投げるのは必然だった【前編】 【2019年インタビュー】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第931回 津田学園vs菰野の3度目の対決は実現なるのか?2大勢力を崩す新勢力にも期待!【三重大会展望】【大会展望・総括コラム】
第931回 今年も波乱はあるのか?津田学園、菰野の注目右腕2人を打ち崩すのはどこだ?【三重大会展望】【大会展望・総括コラム】
浜松商vs菰野【2019年春の大会 第66回春季東海地区高等学校野球大会】
菰野vs大垣日大【2019年春の大会 第66回春季東海地区高等学校野球大会】
第910回 好投手擁する菰野、津田学園の三重県勢が有力か。浜松商、県岐阜商の伝統校復活も期待【大会展望・総括コラム】
中京大中京vs菰野【2018年秋の大会 第71回秋季東海地区高等学校野球大会】
第631回 田中 法彦(菰野2年・投手)「心・技・体」備えた、世代NO1投手へ 【2017年インタビュー】
菰野vs高田【三重県 2017年夏の大会 第99回選手権三重大会】
至学館vs菰野【2016年秋の大会 第69回秋季東海地区高等学校野球大会】
第299回 オリックス・バファローズ 西 勇輝投手 「『ミスターコントロール』の細やかな気配り」 【2015年インタビュー】
桑名工 【高校別データ】
菰野 【高校別データ】
春季三重県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

三重県地域応援スポンサー

三重県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る