中盤に下位打線が爆発したいなべ総合、秋季県大会を初めて制す

攻守にわたり活躍した井上君(いなべ総合)

 下位打線が爆発したいなべ総合学園が、中盤に得点を奪って逆転して突き放した。この夏、三重選手権大会準優勝を果たしていることも、大いに意識している尾崎 英也監督。「三重県にいい風が吹いてきていると感じていますから、その風に乗っていきたいです」という思いである。

 今大会で、いなべ総合は4年連続5回目の出場となったのだが、意外にも秋季大会は初優勝である。
「経験上、秋は県1位で通過して1勝のアドバンテージは大きいですから」と、尾崎監督も県大会優勝を喜んでいた。

 しかも、今秋は地元開催となるだけに、尾崎監督としても、前任の四日市工時代の2001年以来で、いなべ総合学園としては選抜初出場を目指す。

 試合は海星が3回、四球の走者をバントで進めて、二死二塁から、2番八重田君の中前打で帰して先制した。八重田君は157㎝と小柄な選手だが、ミートも上手くバットコントロールもいい。この日は3安打しているが中前、右前、左前と打ち分けていた。

 いなべ総合の先発内山 昌高君は、立ち上がりから、もう一つ制球が良くなく3回を投げて3四球。ボールが先行していく場面が多かったので、尾崎監督はスパッと4回からは一塁手の倉田君を、ほとんどぶっつけ本番に近い状態で送り込んだ。井上君の好リードもあって、一死一二塁から三振併殺で逃れると、その裏にいなべ総合の反撃が始まった。

 この回のいなべ総合は、4番川瀬君が四球で出るとバントで二進。二死二塁から、7番井上君が左翼線に二塁打して同点。さらに、太田君の一打は、三塁手の手前で大きく跳ねるいくらか幸運な安打となって、一三塁となる。
ここで、清水君への初球が暴投となり、労せずして3走井上君が逆転のホームイン。さらに、清水君が左越二塁打して、太田君を返し、1番に戻って市川君も右前打してこの回4点。