テンポのいい投手戦となった津勢対決、津西が1点を守り切り秋季東海大会初進出

津商・坂倉君

 三重県の地元開催となる東海地区大会出場をかけた3位決定戦は津勢対決となった。言うならば、津ダービーである。
津商は坂倉君、津西伊藤 航希君が先発。両投手の投げ合いとなった。

 坂倉君は、ストレートにも力があるが、スーッと抜いたチェンジアップや曲がりの大きいカーブなども駆使して丁寧に投げ込んできていた。制球力もよく、安定感があった。伊藤 航希君はスライダーにスプリットが武器だというが、それが低めに集まり、クレバーな投手と言う印象で、巧みに相手打者をかわしていた。それぞれ持ち味を十分に出していた。

 先制したのは2回、津西だった。一死から5番山口君が左翼線へ二塁打すると、続く前田君も右中間を破る二塁打で、山口君が帰った。しかし、その後は坂倉君が後続を抑え、二走は牽制で刺すなど上手さを見せた。比較的、あっさりとした形で1点が入ったという印象だったのだが、まさか、この1点だけで試合が進んでしまうとは、この段階では思えなかった。

 津商としては、最大の同点機は6回だった。一死から四球で出た1番辻君をおいて、併殺打かと思われた小河内君の打球は送球ミスが出て二三塁となる。初回に二死から高橋君が三塁打した以来の三塁まで進んだ走者だった。