2013年04月21日 四日市市営霞ヶ浦第一野球場

菰野vs相可

2013年春の大会 平成25年度春季三重県大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

菰野エース・山中亨悟

菰野エース・山中が強風に耐え粘投

今春の選抜大会に出場した菰野が三重県大会2日目に登場した。
主将の内田学良(3年)をケガで欠き、高校通算30本塁打を超える吉冨 大輝(3年)が打撃不振で8番打者に入るなどスタメンに“異変”はあったが、12安打13得点で大勝。大黒柱の左腕・山中 亨悟(3年)が先発マウンドに上がり、一人で投げ切った。

全国的に冷え込んだこの週末。伊勢湾に面した霞ヶ浦球場には、かなりの強風が吹き荒れていた。百戦錬磨の菰野エース・山中にとっても「霞ヶ浦球場って上(上空)はいつも風があるんですが、下(グラウンドレベル)でこんなに風が強いのは初めてで…」と、今回の悪天候に戸惑いはあったという。
それでも6回3失点でピッチングをまとめた。途中、暴投が2つ出たイニングもあったが、相手の下位打線を完璧に封じるなど力の違いも証明。スライダーがいつも以上に曲がって見えたのは“風効果”か。戸田直光監督は「相手と駆け引きもしながら投げていた」と及第点を与えた。

選抜大会で苦しいマウンドを経験した山中がこの春、2つの工夫で新たな進化に挑んでいる。第一にフォームの改良だ。
「右足をセカンドベース方向へひねるように上げることにしました。同時に、その時の視線も、今までキャッチャーミットを見ていましたが、一塁側に向ける(視線を切る)ようにしたんです」。
これは同校OBの西勇輝(オリックス)がインタビューで「目線で配球を見抜いてくる打者が結構いる」と発言していたのにヒントを得たものだという。

第二に、普段の練習では短距離ダッシュに代えて、ポール間走などの長距離走を取り入れた。「夏は体力がないともたない。体の軸もしっかりつくりたいので」と意図ははっきり。夏も甲子園を勝ち取るべく、エースに抜かりはない様子だった。

【次のページ】 菰野vs相可(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
菰野が強豪三重を完封で下し悲願の優勝!2日の試合結果!【秋季三重県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
沼田翔平、太田椋など新たに7名の球児がプロ志望届を提出! 【ニュース - 高校野球関連】
第751回 日本一の下克上が起こった三重の夏を振り返る【大会展望・総括コラム】
第170回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.14「戸郷翔征、田中法彦」【ドラフト特集】
第512回 菰野(三重)「芯の強いチーム」として10年ぶり夏甲子園へ【野球部訪問】
第508回 無駄を省く指導で「日本一の文武両道」を目指す 四日市(三重)【野球部訪問】
第709回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【投手編】【大会展望・総括コラム】
第631回 田中 法彦(菰野2年・投手)「心・技・体」備えた、世代NO1投手へ 【2017年インタビュー】
菰野vs高田【三重県 2017年夏の大会 第99回選手権三重大会】
至学館vs菰野【2016年秋の大会 第69回秋季東海地区高等学校野球大会】
第299回 オリックス・バファローズ 西 勇輝投手 「『ミスターコントロール』の細やかな気配り」 【2015年インタビュー】
北照vs菰野【2013年春の大会 第85回記念選抜高校野球大会】
県立岐阜商vs菰野【2012年秋の大会 第65回(平成24年度)秋季東海地区高校野球大会】
菰野vs市立岐阜商【2012年秋の大会 第65回(平成24年度)秋季東海地区高校野球大会】
相可 【高校別データ】
菰野 【高校別データ】
春季三重県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

三重県地域応援スポンサー

三重県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る