皇學館・新田宙樹

投打に2年生コンビが活躍 皇學館快勝

春の三重県大会が20日、開幕した。津市営球場では、投打に2年生コンビが活躍した皇學館が快勝し、2回戦へ駒を進めた。

冬の練習の成果が表れた一撃だった。皇學館の3番・新田 宙樹(2年)が初回、相手ピッチャーのストレートを見事にとらえ、ライトスタンドへ高校通算2本目のホームランを叩き込んだのだ。
「変化球待ちでもストレートに対応できるよう、冬からずっと取り組んできたんです。ピッチングマシンを使い、(ストレートを)体に近いポイントで、軸で速く回転して打つという練習をしてきました」

176センチ・83キロというがっちりした体型の新田は、中学時代から変化球攻めに合ってきた。といって変化球に狙いを絞ると、ストレートに対応しきれない―。そんな状況を打破すべく特訓を重ね、春の練習試合こそ「芯の近くでとらえても安打にならなかった」というが、この日の県大会初戦できれいにワザを決めたのだ。

皇學館はこの日、各バッターが打席での狙い球を岡部博英監督に合図で伝えるという“逆サイン”が約束事になっていた。
「チームとしてつなぐことは出来ても(走者を)返すことができない。返す役割ができるのは誰かなと考えたときに、スコアリング・ポジションに走者を置いた場面で、各選手がどう考えるのかをみたかったんです」(岡部監督)という意図からだ。その点で、新田の感性は監督をも唸らせた。
「安打にならなかった打席も含め、新田は読みが優れていた。ドンピシャでしたね」
 新田は昨夏の甲子園大会をテレビで見る際、スコアをつけて配球を研究。また小学生のころから、野球雑誌やテレビのバラエティ番組でおなじみの「タイツ先生」こと吉澤雅之氏(皇學館大学非常勤講師)の指導を毎年受けてきたそう。引き出しの多さも強打につながっているようだ。