龍谷大平安がサヨナラ勝ちで近畿大会の切符を掴む



10回裏にサヨナラ打を放ち、ガッツポーズをしながら一塁に走る平中清太郎(龍谷大平安)

<秋季京都府高校野球大会:龍谷大平安6対5鳥羽(延長10回サヨナラ)>◇2日◇3位決定戦◇わかさスタジアム京都

 龍谷大平安鳥羽との激戦を制して近畿大会の出場権を獲得した。

 龍谷大平安は背番号11の桒江 駿成(2年)が先発。鳥羽はその桒江に対して3回表に1死一、三塁のチャンスを作ると、3番・福井仁(2年)が右中間に3ラン本塁打を放ち、先制点を挙げる。

 追いかける展開となった龍谷大平安は5回裏、2死一、二塁から3番・山口 翔梧(2年)の左前適時打で1点を返すと、続く4番・山下 慶士(2年)も左前適時打を放ち、1点差とする。さらにその後、2死満塁となり、6番・松浦 玄士(2年)が押し出しの四球を選んで同点。集中打で試合を振り出しに戻した。

 これで流れをつかんだ龍谷大平安は6回裏、1死満塁のチャンスを作ると、山口の右犠飛で勝ち越しに成功。さらに2死一、三塁から山下のセカンドへの適時内野安打でリードを2点に広げた。

 何とか逆転したい鳥羽は7回表に2死三塁から1番・木田倫太郎(2年)の中前適時打で1点差に迫る。続く2番・宝持魁人(2年)が死球で出塁して2死一、二塁となったところで、龍谷大平安はエースナンバーをつけた左腕の伊禮德風(2年)に継投。伊禮はこのピンチをライトフライで凌ぎ、何とかリードを保った。

 9回表の鳥羽は先頭の8番・加藤甲大(2年)が四球で出塁。続く9番・清水遥(2年)はバスターを仕掛けるが、サード正面のゴロとなり、併殺で2死となってしまう。万事休すと思われたが、木田がレフトスタンドに飛び込む起死回生のソロ本塁打を放ち、土壇場で試合を振り出しに戻した。

 鳥羽は9回裏の守りでも1死満塁のピンチを凌ぎ、延長戦に突入。流れは鳥羽にあるかと思われた。しかし、10回表の攻撃は2死三塁のチャンスを生かせずに無得点。その裏には1死一塁から、ここまで打撃でチームを救ってきた三塁手の木田が三塁ゴロを一塁に悪送球して二、三塁とピンチを広げてしまった。

 一打サヨナラの場面で打席に立つのは5番の平中 清太郎(2年)。「ピッチャーが粘っていたので、絶対に打ってやろうという気持ちで打ちました」と初球から内角低めの直球を振り抜くと、打球は右前に転がる安打となり、龍谷大平安がサヨナラ勝ちで3位校として近畿大会の切符をつかんだ。

 苦しい試合を制して次に繋げた龍谷大平安。4年前も府大会3位から近畿大会を制した実績があるだけに他府県の代表校にとっては脅威の存在となるだろう。「良い経験ができるだろうな思います。(近畿大会開幕までの)2週間で色んな話をして、もっと一体感を持たせたい」と話した原田英彦監督。近畿大会で名門の底力を見せることができるだろうか。

(記事=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。