プロ注目左腕・森下が打で大活躍!京都国際が東山を下す

<第104回全国高校野球選手権京都大会:京都国際9-4東山>◇23日◇準々決勝◇わかさスタジアム京都

 優勝の行方を大きく左右する大一番は夏連覇を目指す京都国際が快勝した。

 東山はプロ注目右腕の橋本 翔太(3年)が今大会初先発。対する京都国際は、「今、一番良い球を投げている」と小牧憲継監督が太鼓判を押す背番号10の森田 大翔(3年)に先発を託した。

 1回表、京都国際は2死二塁とチャンスを作ると、「ランナーを還すことだけを考えていたので、球種を張ることなく、来た球を素直に打ちました」と4番の森下 瑠大(3年)が1ボール1ストライクからのスライダーを右翼席に放り込み、2ラン本塁打で先制点を挙げた。

 2日前に8回を投げた森田は、「疲れがありました」と言いながらも初回を3人に抑える上々の立ち上がり。2回裏に6番・西浦昇真(3年)に中前適時打を浴びたが、疲れを感じさせないキレのある球を投げていた。

 1点差とされた京都国際は3回表、1死一、三塁から併殺崩れの間に1点を加えると、2死二、三塁から7番・藤本 陽毅(1年)がレフトに2点適時二塁打を放ち、大きな追加点を挙げる。期待された橋本だったが、3回5失点で降板。京都国際の打力に屈する形となった。

 それでも東山は4回から登板した佐々木勇人(3年)がテンポの良い投球で流れを引き寄せると、5回裏には2死一、三塁から3番・牧原優太(3年)が中越え2点適時三塁打を放ち、2点差に迫る。

 京都国際としては追加点を取れない間に反撃されて嫌なムードが漂ったが、7回表に森下の2点適時打などで4点を追加。後半に大きな追加点を奪った京都国際東山を振り切った。

 先発した森田は自責点3で完投。登板のなかったエース左腕の森下は5打数4安打4打点と打で活躍を見せた。ここまでは森下と右のエース・平野 順大(3年)が登板していないが、「ここからは総力戦」と小牧監督は準決勝以降で2人の投入を示唆している。余力十分で4強まで勝ち上がった京都国際の戦いぶりに注目だ。

(記事=馬場 遼)