龍谷大平安が京都外大西との名門対決に競り勝つ



勝利を喜ぶ龍谷大平安の選手たち

<春季京都府高校野球大会2次戦:龍谷大平安5-4京都外大西>◇4日◇1回戦◇太陽が丘

 龍谷大平安京都外大西との名門対決を制した。

 京都外大西のプロ注目選手・西村 瑠伊斗(3年)は2番右翼手で出場。先発マウンドには左腕の中辻慶吾(3年)が上がった。

 龍谷大平安はその中辻に対して1回裏に2死一、二塁のチャンスを作ると、主将の5番・伊藤 愛都(3年)がライトポール際への3ラン本塁打を放ち、先制点を挙げる。

 さらに龍谷大平安は2回裏にも2死二塁と追加点の好機を迎えたところで京都外大西は背番号10の村山勇太(3年)に継投。村山はこのピンチを凌ぎ、流れを呼びこむ。

 京都外大西は龍谷大平安の先発左腕・田中大晴(3年)を打ちあぐねていたが、5回表に打線が繋がる。連打で無死一、三塁のチャンスを作ると、9番・江﨑健太(3年)の中前適時打で1点を返すと、続く1番・中村友哉(3年)も中前安打を放ち、無死満塁とする。

 長打が出れば逆転の場面で打席に立つのは、ここまで2打数無安打の西村。初球を振り抜いた打球はレフトへの犠牲フライとなり、1点差に詰め寄る。1死一、二塁となったところで龍谷大平安は背番号11の久門晨平(3年)に継投。3番・松下隼一郎(3年)は左飛に打ち取られるが、4番・松田拓都(3年)がレフト線への2点適時二塁打を放ち、京都外大西が逆転に成功する。

 だが、龍谷大平安も簡単には流れを手放さない。逆転を許した直後の5回裏、1死一、二塁から3番・山口翔梧(2年)の左前適時打で同点に追いつく。さらに1死満塁から伊藤に対して2ボールとなったところで京都外大西は最速147キロ右腕の西村に継投。勝ち越しのピンチを投打の柱に託す形となった。

 西村は1球で伊藤を一邪飛に打ち取ると、続く6番・上甲兼誠(3年)も一塁ゴロに仕留め、勝ち越しは許さなかった。

 緊迫した試合が動いたのは7回裏、2死二塁から伊藤が一塁手強襲の痛烈なライナーを放ち、ボールが外野に転がる間に二塁走者が生還。主将の貴重な適時二塁打で龍谷大平安が勝ち越しに成功した。

 8回表の京都外大西も1死一、二塁と一打同点のチャンスを作り、打席には1番の中村。次の西村には回したくない場面で2ボールとなり、龍谷大平安は右横手投げの足立雄祐(3年)にスイッチする。3ボール2ストライクから中村が放った打球は三塁手正面のゴロとなり、三塁ベースを踏んでから一塁に送球して併殺が成立した。

 ピンチを凌いだ龍谷大平安だが、9回表も激しい展開となる。京都外大西は先頭の西村が三塁強襲の内野安打で出塁すると、安打と四球で無死満塁と一打逆転のチャンスを作った。しかし、途中出場の定本海翔(3年)は浅い左飛、代打の林拓磨(2年)は6-4-3の併殺に倒れ、試合終了。終盤のピンチを立て続けに凌いだ龍谷大平安が準々決勝に進んで、夏のシード権を獲得した。

 ベスト16で当たるにはもったいないと思うほど、攻守にハイレベルな戦いを繰り広げた両校。どちらも夏の優勝争いに加われる力があることは間違いないだろう。京都国際の躍進が目立つ最近の京都において、名門校の強さは健在だと思わせてくれた一戦だった。

(記事=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。