夏へ向けて、内容のある2試合で競り合った市立川越と城西大城西



1年生で気合の投球を見せた城西大城西・生明(あざみ)君

<交流試合:市立川越3-3城西大城西城西大城西3-2市立川越>◇15日◇市立川越グラウンド

 この春の市立川越(埼玉)は、県大会では初戦でシード校の聖望学園を下し、準々決勝でもシード校の浦和実を下すなどしてベスト4に進出した。県内の公立校としては実力校ぶりを示して、夏のシード権を獲得して、四隅の一角を確保した。昨秋の新チームのタイミングで、前任の新井清司監督から引き継いだ室井宏冶監督としては、まずはいい滑り出しということではないだろうか。

 これに対して城西大城西(東京)は、1次ブロック予選代表決定戦で東海大高輪台に失策などが相次いで自滅気味な形で敗退して、本大会出場を逃している城西大城西。秋、春ともに本大会進出を逃したのは、山崎警監督になって初めてのことでもある。それだけに、これから夏本番へ向けての調整は、より厳しく取り組んでいかなくてはならないという意識にもなるというものだ。山崎警監督は市立川越の前身でもある川越商の出身でもある。それだけに、この市立川越と定期的に入れている練習試合は大事にしている。

 かつて、甲子園出場も果たしている城西大城西だが、一時は低迷期もあった。それが、近年では東京都内でも、関東一二松学舎大附東海大菅生といった上位校を追いかける存在の1つになり復活しつつある。ことに、今年のチームに関しても、山崎監督は、「ある程度は行けるだけの力はあるはずのチーム」と自信を持っていた。それだけに、本大会に進出できなかったことは残念でならなかった。

 そんな実力校同士の対戦だということを示すように、試合は2試合ともかなり質の高い内容の濃いものとなった。ことに、投手陣はいずれもテンポもよく、制球力もあり、打者も強い打球を放っており、それをしっかりと好守備で対処していくというものとなった。県大会ベスト8~16クラスの内容と言ってもいいであろう。

 市立川越は藤井 七生投手(3年)、城西大城西は馬場 力也投手(2年)が先発した試合は投手戦となった。初回に城西大城西が失策で先制するが、4回に市立川越は1死満塁から併殺崩れで同点として、さらに6番浅井 祐輝内野手(3年)の適時打で逆転。5回にも二塁打で出た1番小武 海輝捕手(2年)を、続く内田 諒一朗外野手(3年)が左前打で本塁へかえしてリードを広げる。しかし、その裏に城西大城西は1死二塁で1番松本 耕大外野手(3年)が打った瞬間行ったかなと思わせるレフトへの2ランで同点とした。室井監督も、「あの打球はどこの球場でもホームランですね」と脱帽するくらいの会心の一発だった。「どうかすると、時々ああいうのがあるんですよ」と、山崎監督も感心しきりだった。前の2打席では、引っ掛け気味に内野飛球を打ち上げてしまっていたので、「無理しておっつけないで思い切って引っ張れ」とアドバイスしたのも効いたようだった。