日大三・河村蒼人君

 そういう意味では、春季大会では欠場していた赤山が帰ってきたことで、チームとしての機能性は高まってきたとも言えよう。この夏は、シード権を逃したということで、ノーシード爆弾として恐れられる存在になっていくのだろうが、その存在感を示したこの日の戦いだった。

 結局この試合では、大江も2打席連続二塁打を記録するなどして8回に5点を追加して11点を奪って、春季大会の鬱憤を晴らす形となった。高橋源一郎監督も、「今年のチームは、いい時と良くない時の波が激しいので、それを安定していい形になるようにしていくのがこれから夏へ向けての課題」だという。投手陣に関しても、この試合では5回を1失点に抑えた沖野 良流風投手(3年)を軸に、大江も投手としての能力も高い。まだ調子にややバラつきがあるということではあるが、左腕の祝 昂輝投手(2年)も台頭してきて、投手陣の層は厚くなってきているようだ。それに、この春入学してきた1年生にも好素材がいるということで、期待感は高い。

 やや精彩を欠いていたかなとも思えた神村学園は、9回に4番の花倉 凪海内野手(3年)がライナーで運ぶ柵越えの2ランを放ち力のあるところを示した。また、途中出場の宮本 大輝外野手(2年)も2打数2安打2打点と気を吐いた。

 午後からの試合では日大三が5回まで毎回得点で、やはり、ちょっとでも甘いとしっかりと捉えて打ち返していくという打撃力を示した。小倉全由監督は基本的に打撃のチームを作り上げていくという方針だが、今年のチームもそんな印象だ。「エースとして予定している選手が。実は今はケガで、今回の遠征も来られずに寮にいるんですよ。だから、投手はこうして繋いでいきながらやりくりしていかなくてはいけない」という中での遠征となった。それでも先発した左腕・松藤 孝介投手(3年)は3回無失点。2人目の河村 蒼人投手(3年)も1失点はしたものの、予定の3イニングはしっかりと投げたといっていいであろう。

 3人目の生谷 魁投手(3年)が3イニング目につかまってしまい、4失点してしまったのは日大三としては反省材料といえようか。逆に言えば、リードをされてもしっかりと喰らいついて行くという姿勢を示した神村学園は、「この遠征を無駄にしてはいけない」という意識は、選手たちが全員感じながら、向かって行く姿勢を示していた証と言ってもいいであろうか。

 いずれにしても、高校野球は今の時期は各地で見どころ満載である。春季大会が開催されている地区もあるが、こうした全国のトップレベルを競う強豪校が、遠征したりしながら実戦を重ねていく時期でもあるからだ。そして、この時期に実戦経験を積むことで、チーム力も確実に上がって行く。だから、多くの指導者たちは、この時期の遠征を大事にしているのである。

(記事:手束 仁

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。