今春の九州大会優勝した神村学園の東海遠征試合は豪華対戦に!



中京大中京・沖野良流風君

<練習試合:中京大中京11-6神村学園日大三10-5神村学園>◇3日◇中京大中京グラウンド

 今春の九州地区大会で優勝した鹿児島県の神村学園の愛知県遠征で、中京大中京が迎えての試合となった。当初は、同一カードで2試合で組んでいたが、同じく東海地区遠征を組んでいる日大三が、当初の予定の享栄との試合ができなくなったということで、この練習試合が実現した。

 日大三は、今春の東京都大会ではベスト4に進出している。準決勝では、中盤までリードしていながら、二松学舎大附にサヨナラ負けを喫してしまった。中京大中京とは、最初の予定で明日4日に組んでいるので、この日は急遽、神村学園日大三の試合のみ行うということになった。と言うことで、観戦する側としても、思わぬカードを見られるということになったのだが、それはそれでメニューが豪華になったと言ってもいいであろうか。

 九州大会では、バチンバチンとコンパクトにはじき返す打線が好調で勝ち上がっていったということを聞いている神村学園。九州大会の優勝を決めて、この連休には奈良・智辯学園などと試合を重ねながら、東上してきているということだ。九州大会を制した打線がどんなものかという興味もあった。

 ただ、迎え撃つ中京大中京も、今春の県大会ではシード校決めの3回戦で豊川に競り負けたとはいえ、やはり力はある。この試合では、春の九州王者に対して、闘志を見せて向かって行って、序盤にリードした。

 初回、先頭の西谷 光世外野手(2年)が左前打するとバントが失策となり一、二塁。暴投で進めた後に曽根 大地内野手(3年)の左前打で先制。さらに、注目の4番大江 嶺外野手(3年)も左前打して、2点目。その後はスクイズで加点してこの回3点。2回にも、1死満塁から曽根が左前打して2人がかえってリードを広げた。

 ここまでの印象としては、神村学園は遠征疲れもあるのかもう一つ精彩を欠いているのかなという印象でもあった。それでも、4回に7番内堀 遼汰投手(3年)の二塁打で1点を返す。中京大中京は5回に、この試合で手のひらのケガから復帰して5番に入っていた赤山 泰斗内野手(3年)が二塁打して1点を追加。今年の中京大中京は、リードオフマンの西谷が出塁してチャンスを作ると、そこから曽根、大江と赤山の3、4、5番で得点していくというのが最もいい形だという。