前田の好リリーフで流れを呼んだ大阪桐蔭が逆転勝ち



大阪桐蔭前田悠伍

 近畿王者の大阪桐蔭が北信越地区代表の敦賀気比を相手に逆転勝ちを収めた。

 敦賀気比は1回表、大阪桐蔭先発の川原 嗣貴(2年)に対して1番・濵野 孝教(1年)の二塁打と2番・河合 陽一(2年)のバントヒットで無死一、三塁のチャンスを作ると、3番・春山 陽登(2年)の二塁ゴロ併殺の間に濵野が生還して先制点を挙げる。

 対する敦賀気比の先発はエースで4番で主将の上加世田 頼希(2年)。大阪桐蔭は1回裏、二死一、二塁から5番・海老根 優大(2年)が甘く入ったスライダーをレフトスタンドに放り込み、3ラン本塁打で逆転に成功する。立ち上がりを攻められた上加世田だが、2回以降は巧みな投球術で相手の打ち気を逸らし、追加点は許さない。

 すると、敦賀気比は3回表、またしても1、2番の連打で一死一、二塁とすると、春山のフェンス直撃の2点適時二塁打で同点。さらに一死満塁から6番・高見澤 郁魅(1年)の左前適時打で勝ち越しに成功した。

 逆転を許した大阪桐蔭は4回から1年生ながらエース格の働きを見せている前田 悠伍が登板。「いつマウンドに上がってもいいように心構えをしていた」という最速145キロ左腕は神宮でも圧巻の投球を見せる。この日の最速は144キロ。ストレートがコースに決まるだけでなく、変化球で打者のタイミングを外す場面も目立ち、「手も足も出なかった」と敦賀気比の東哲平監督に言わしめた。

 前田は4回からの6イニングで2安打1死球10奪三振無失点の好投。1点を追う6回裏、一死二、三塁から同点となる左犠飛を放つなど、バットでも見せ場を作った。大阪桐蔭は続く1番・伊藤 櫂人(2年)の適時二塁打で勝ち越すと、7回、8回にも追加点を奪い、8対4で勝利。23日に予定されている準決勝にコマを進めた。

 近畿大会で1年生離れしたパフォーマンスを見せた前田は神宮でも力を発揮した。「ノビノビと投げていけと話をされていますが、まだその段階ではダメだと思っているので、もっと上を目指してやっていきたいと思います」と志は高い。彼の快投劇はまだまだ続きそうだ。

 敦賀気比は川原を攻略するも前田の前に打線が沈黙した。「途中までは選手も頑張ってくれていましたが、底力が大阪桐蔭さんはあると感じました」と東監督は相手の強さを肌で感じている様子だった。この経験を春にどう繋げていくかに注目したい。

(記事=馬場 遼)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。