京都国際が春夏連続の甲子園出場切符を掴む

 春夏連続の甲子園出場を目指す京都国際と11年ぶりの甲子園出場を狙う京都外大西による決勝戦。京都国際が接戦を制し、夏の甲子園初出場を決めた。

 京都国際は準決勝に続いて右のエース・平野 順大(2年)が先発。準決勝ではワンアウトしか奪えずに降板したが、この日は三者凡退と上々の立ち上がりを見せる。

 京都外大西は、こちらも準決勝で先発した背番号10の左腕・星野 烈志(3年)。強打の京都国際打線に対して丁寧にコースを突くが、惜しくもボールになる投球が続く。3つの四球から二死満塁のピンチを招くと、6番・平野にも四球を与え、押し出しで先取点を奪われてしまった。これ以上の失点を避けたい京都外大西は星野烈に代えて、エースのワトリー・ジャイヤー・イシメール(3年)をマウンドに送る。ワトリーは続くピンチを一塁ゴロに打ち取り、何とか1失点で凌ぐ。

 すると、2回表に京都外大西打線が繋がる。四球と2本の安打で一死満塁のチャンスを作ると、8番・花井 慧汰(3年)の左前適時打で同点に追いつくと、続くワトリーもスクイズを決めて、逆転に成功した。逆転を許し、なおも一死満塁の場面で京都国際はエースの森下 瑠大(2年)がマウンドに上がり、平野はライトに回った。

 追加点が欲しい京都外大西は1番・中村 友哉(2年)が押し出し四球を選ぶと、2番・西村 瑠伊斗(2年)の中犠飛で追加点を挙げ、リードを3点に広げた。

 このまま流れに乗りたい京都外大西だったが、ワトリーがピリッとしない。「決勝の独特な雰囲気で自分の力を出し切れなかった。相手と勝負する前に自分に負けた」と制球に苦しんだ。2回裏には一死満塁から3番・植西 龍雅(3年)の中犠飛、3回裏に二死一、三塁から1番・武田 侑大(2年)の左前適時打で、それぞれ1点ずつ返され、3回を終えたところでマウンドを降りた。

 4回裏からは最速144キロ右腕の西村が登板。京都国際は先頭の3番・植西が内野安打で出塁すると、4番・中川 勇斗(3年)が甘く入ったストレートを捉え、打った瞬間にわかるレフトへの2ラン本塁打で逆転に成功した。「ホームランによって流れも変わりましたし、チームにとっても大きな一本だったと思います」(中川)と試合の流れを大きく変える一打となった。

 京都国際は5回裏にも武田のソロ本塁打で1点を追加。森下も3回以降は快調なピッチングを見せ、このまま順当に京都国際が勝利を収めると思われた。